メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
草加市

トップページ > 事業者・仕事 > 都市計画・開発・建築 > 都市計画 > 草加市は「ウォーカブル推進都市」になりました

草加市は「ウォーカブル推進都市」になりました

更新日:2024年6月25日

草加市は、国土交通省からの募集に賛同し、「ウォーカブル推進都市」になりました。

ウォーカブル推進都市とは

ウォーカブル推進都市とは、Walkable「歩きたくなる」,Eyelevel「まちに開かれた1階」,Diversity「多様な人の多様な用途、使い方」,Open「開かれた空間が心地よい」それぞれの頭文字であるアルファベット「W・E・D・O」を用いて『WE DO』(私たちは行動する)をキーワードとする新たなまちづくりに賛同し、「居心地が良く歩きたくなるまちなか」の形成に向け、国土交通省と共にウォーカブルなまちづくりを推進する都市のことです。

草加市においては、令和6年1月にこの趣旨に賛同し、「ウォーカブル推進都市」に登録を行いました。
令和6年5月31日現在、全国で377の自治体が、埼玉県内においては本市を含めた1県30市町が登録しています。

(参考)国土交通省 ホームページ
国土交通省 ウォーカブルポータルサイト

獨協大学前<草加松原>駅西側地域

獨協大学前<草加松原>駅西側地域では、松原団地記念公園のフェンスや道路上のブロックを撤去し、商業施設と公園の間の道路である市道11623号線を歩行者専用道路としました。
また、市道11623号線をにぎわいのある道路空間を構築するための制度である歩行者利便増進道路(ほこみち)の区間に指定したことにより、獨協大学前<草加松原>駅から松原団地記念公園、さらに商業施設がシームレスに繋がり、歩きやすくにぎわいのあるまちとなっています。

(参考)
獨協大学前〈草加松原〉駅西側地域まちづくり

新田駅東西口

新田駅東西口では、駅前広場や都市計画道路等の歩行空間の整備を進めると同時に、地域にお住まいの方や商店街等の関係者と議論を重ねながらまちづくりガイドラインを作成し、歩いて楽しめる安心、安全なまちづくりを進めています。

(参考)
新田駅東口地区
新田駅西口地区

谷塚駅西口地区

谷塚駅西口地区では、現在、策定を進めている駅前のまちづくり基本計画においてウォーカブルな視点を取り込み、駅前広場の空間的利活用や、都市計画道路谷塚西口停車場線や谷塚小学校通りにおいて、歩行者にとって居心地が良く歩きたくなるまちづくりの検討を進めています。

今後も国土交通省から先進事例などの情報を収集、研究し、補助金制度等を活用することで、ウォーカブルなまちづくりを進めていきます。

(参考)
谷塚駅西口地区のまちづくり(谷塚駅西口地区市街地整備事業)

このページに関する問い合わせ先

都市計画課
住所:〒340-8550 草加市高砂1丁目1番1号
まちづくり推進係 電話番号:048-922-1802 ファクス番号:048-922-3145
計画係 電話番号:048-922-1790 ファクス番号:048-922-3145
地区拠点整備係 電話番号:048-922-0183 ファクス番号:048-922-3145

このページに関するアンケート