メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
草加市

トップページ > 事業者・仕事 > 都市計画・開発・建築 > 区画整理・市街地開発等 > 獨協大学前<草加松原>駅西側地域まちづくり

獨協大学前<草加松原>駅西側地域まちづくり

更新日:2024年7月5日

地区概要

獨協大学前〈草加松原〉駅西側地域の概要

所在地

草加市松原一丁目から四丁目

地区面積

約54ヘクタール

住宅建設予定

約6,000戸(独立行政法人都市再生機構(以下UR都市機構)、民間事業者)

公共公益施設

道路(都市計画道路、新設道路)、都市公園、既存小学校の統廃合、保育園・児童館の拡充・建替、子育て関連施設など

事業期間

平成15年度から

UR都市機構が建替に至った経緯

草加松原団地は、日本住宅公団(現UR都市機構)が昭和30年代後半に建設し、住宅戸数5,926戸は当時の郊外型団地としては東洋一の規模を誇りました。
しかし、建設から40年以上が経過し建物や設備の老朽化に加え、生活水準の向上など時代のニーズに対応するため、UR都市機構が平成15年3月に建替事業に着手しました。

建替事業にあたっては、UR都市機構が草加市や民間事業者等との連携のもと、団地にお住まいの方々の居住の安定に配慮しながら、敷地の高度有効利用を図るとともに、周辺市街地にとっても拠点となるようなまちづくりを進めています。

進捗状況

草加市では、団地の建替事業に伴い団地内に設置されている公共公益施設等(都市計画道路、都市公園、保育園、小・中学校、児童館等)の新設や再整備を行いました。
供用開始された公共施設としては、平成22年4月に開園した松原一丁目の「さかえ保育園・子育て支援センター」、平成23年4月に開校した「松原小学校」、平成26年4月に開校した「栄小学校」があり、平成27年4月には2ヘクタールの都市公園「松原団地記念公園」が開園しました。
令和5年1月には「草加市松原児童青少年交流センターmiraton(ミラトン)」が開館しました。

また、団地にお住まいの方々に対する継続居住支援として、市営住宅の整備、住替家賃助成金の交付を行っています。

草加市が直接整備したもの以外に、UR都市機構により賃貸住宅の建設や民間開発が行われています。

1丁目では、平成20年8月にUR賃貸住宅676戸、平成21年5月に291戸、平成24年3月に554戸が完成しました。また、平成25年11月に民間の分譲マンション255戸が完成し、平成26年4月には社会福祉法人による特別養護老人ホームが開所しました。
なお、超高層UR賃貸住宅「ハーモネスタワー松原」は松原団地建替事業とは別に、駅前の住宅市街地総合整備事業により建設したもので、平成11年に入居が完了しています。
商業、医療、保育等の利便施設や市立図書館等を併設しています。

2丁目では、平成27年6月にUR賃貸住宅686戸、平成30年5月に843戸が完成し、その北側には平成27年から31年にかけて民間の分譲マンション538戸、310戸がそれぞれ完成しました。

3丁目では、令和2年に民間の分譲マンション472戸、令和4年度には民間の分譲マンション379戸、東武鉄道株式会社の商業施設である「トーブイコート」、獨協大学の「コミュニティスクエア」がそれぞれ完成しました。また、トーブイコートと松原団地記念公園の間の道路を歩行者専用道路とし、令和5年5月には、賑わいのある道路空間を構築するための制度である歩行者利便増進道路(通称「ほこみち」)を県内で初めて指定しました。
令和7年度には民間の分譲マンション417戸が整備される予定です。

今後の予定

令和2年度でUR都市機構による団地建替事業は完了し、4丁目につきましてはUR都市機構が所有する敷地が売却されました。
国道4号線沿いには商業施設の整備が予定され、その東側には373戸の戸建分譲住宅の整備が予定されています。
今後は地域事業者や住民を中心とした協議組織を立ち上げ、官民連携によるソフト面のまちづくりを推進していきます。

PDF・Word・Excelなどのファイルを閲覧するには、ソフトウェアが必要な場合があります。詳細は「ファイルの閲覧方法」を確認してください。

このページに関する問い合わせ先

都市計画課
住所:〒340-8550 草加市高砂1丁目1番1号
まちづくり推進係 電話番号:048-922-1802 ファクス番号:048-922-3145
計画係 電話番号:048-922-1790 ファクス番号:048-922-3145
地区拠点整備係 電話番号:048-922-0183 ファクス番号:048-922-3145

このページに関するアンケート