メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
草加市

トップページ > 健康・医療・福祉 > 生活困窮・生活保護 > 働きづらさを抱えた方を段階的にサポート(就労準備支援事業)

働きづらさを抱えた方を段階的にサポート(就労準備支援事業)

更新日:2020年10月30日

働きたいけれど働く自信がない方、生活のリズムが不規則な方、コミュニケーションや社会とのかかわりに不安を抱える方などすぐに就労に従事することが難しい方に対し、就労に向けた準備としての基礎能力の形成などの支援を行います。

対象者

申請時において、次の1から5にいずれにも該当する人

  1. まるごとサポートSOKAにおいて相談・支援を受けていること
  2. 申請日の属する月における申請者及び申請者と同一の世帯に属する者の収入の合計額が、表1【収入要件】の収入基準額以下であること
  3. 申請日における申請者及び申請者と同一世帯に属する者の預貯金の合計額が表2【資産要件】の金額以下であること
  4. 本事業への利用を希望(同意)し、利用により就労が見込まれるものであること
  5. 障害者総合支援法に基づく就労移行支援、就労継続支援を利用していないこと

注:収入要件や資産要件を超えたり、収入や預貯金の把握が困難な場合などでも、市が支援の必要性を認めた際には支援対象となります。 
注:本市で生活保護を受給中の人も対象となりますので、利用を希望される場合、担当ケースワーカーにご相談ください。

表1【収入要件】

世帯人数収入基準額算出方法
基準額+住宅扶助基準額
1人 12万4,000円 8万1,000円+4万3,000円
2人 17万5,000円 12万3,000円+5万2,000円
3人 21万3,000円 15万7,000円+5万6,000円
4人 25万円 19万4,000円+5万6,000円
5人 28万8,000円 23万2,000円+5万6,000円

表2【資産要件】

世帯人数基準額×6
1人 48万6,000円
2人 73万8,000円
3人 94万2,000円
4人 116万4,000円
5人 139万2,000円

支援内容

生活リズムを整える、他者と適切なコミュニケーションを図ることができるようにするなど個別ワークやグループワークを通じた日常生活・社会生活の自立に関する支援、就労体験や面接練習・履歴書作成など一般就労に向けた技法や知識の習得等の就労自立に関する支援を行います。

支援期間

一人ひとりの状況に応じて設定します。(最長1年間、状況により再利用可)

就労準備支援事業のご利用は

まずは、まるごとサポートSOKAにご相談ください。
 
注:生活保護受給者の人は、福祉事務所の担当ケースワーカーにご相談ください。

このページに関するアンケート