メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
草加市

トップページ > 市政 > 市の紹介 > 市長の部屋 > 市長室の話題 > 産官学5者による連携協定を締結

産官学5者による連携協定を締結

更新日:2024年5月10日

~ かつての“東洋一のマンモス団地”が、ミライの舞台へ。~
「獨協大学前〈草加松原〉駅西側地域」でまちづくりを共同推進

草加市、獨協大学、独立行政法人都市再生機構東日本賃貸住宅本部(UR都市機構)、東武鉄道株式会社(東武鉄道)、トヨタホーム株式会社(トヨタホーム)の5者は、埼玉県草加市の獨協大学前〈草加松原〉駅西側地域における産官学連携によるまちづくりについての協定を5月9日に締結しました。
協定の締結にあたり、草加市立松原児童青少年交流センター「ミラトン」において、山川百合子草加市長、前沢浩子獨協大学長をはじめ各者の代表者が出席し締結式を行ったほか、締結式の後はテープカットセレモニーを行いました。
IMG_1247.JPG
 
5者協定テープカット.JPG
 
また、令和6年5月11日には、草加市、獨協大学、UR都市機構、東武鉄道株式会社、トヨタホーム株式会社の産官学5者が獨協大学前<草加松原>駅西側地域内の各施設で、まちを楽しめるイベントを実施します。

獨協大学前<草加松原> WELL FES

PDF・Word・Excelなどのファイルを閲覧するには、ソフトウェアが必要な場合があります。詳細は「ファイルの閲覧方法」を確認してください。

このページに関するアンケート

産官学5者による連携協定を締結