メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
草加市

トップページ > 暮らし・手続き > ごみ・環境 > お知らせ(ごみ) > 日本製紙クレシア株式会社との「循環型社会の形成に関する取組に係る協定」に基づくリサイクル

日本製紙クレシア株式会社との「循環型社会の形成に関する取組に係る協定」に基づくリサイクル

更新日:2024年6月14日

crecia_logo.png

草加市は、市内に工場をもつ日本製紙クレシア株式会社と「循環型社会の形成に関する取組に係る協定」を締結し、紙のリサイクルを通じて、環境問題に取り組んでいます。

学校給食用牛乳パックリサイクル

本市では平成4年より学校給食用牛乳パックリサイクルを実施していますが、平成17年より日本製紙クレシア株式会社東京工場(松江4-2-16)でリサイクルし、成果品としてトイレットロールを市内小中学校に還元いただいています。紙資源の有効活用としての成果のほか、子どもたちにとって身近な物のリサイクルを行うことにより、環境学習の一環としても役立っています。

 

公共施設牛乳パック拠点回収

市内公共施設で回収された牛乳パックを日本製紙クレシア株式会社東京工場でリサイクルしています。回収された牛乳パックの量に応じて、上記学校給食用牛乳パックリサイクルの成果品とあわせて市内小中学校にトイレットロールが還元されます。
milkcarton.png

詳しくはこちら(拠点回収(小型家電・古着・廃食油等)にご協力をお願いします)

 

ティシュー空き箱リサイクル実証実験

草加市ではごみの減量化の取組の一環として、様々な紙のリサイクルを推進しています。日本製紙クレシア株式会社は、今後ティシュー空き箱の回収を促進するため、全国での取り組みに先駆けて本市で回収に関する実証実験を開始しました。回収されたティシュー空き箱の量に応じて上記学校給食用牛乳パックリサイクルの成果品とあわせて市内小中学校にトイレットロールが還元されます。

回収対象

 ティシュー空き箱(紙であればどこのメーカー品でも可)
tissuebox.png

回収施設

市役所本庁舎1階

高砂1-1-1

環境業務センター

青柳6-23-3

リサイクルセンター

稲荷1-8-2

勤労福祉会館

旭町6-13-20

谷塚文化センター

谷塚仲町440

collectionbox.jpg
回収かご(上段:ティシュー空き箱 下段:牛乳パック)

注意事項

ティシュー引き出し口のフィルムは剥がして、箱をつぶして回収カゴに入れてください。
tissuebox01.png
回収の対象はティシュー空箱のみです。お菓子の箱などはこの回収カゴに入れず、雑紙として資源物収集日に出してください。

このページに関する問い合わせ先

廃棄物資源課
住所:〒340-0002 草加市青柳6丁目23番3号
資源循環推進係 電話番号:048-931-3972 ファクス番号:048-931-9993
業務係 電話番号:048-931-3972 ファクス番号:048-931-9993

このページに関するアンケート