メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
草加市

熱中症に気をつけましょう

更新日:2023年8月10日

熱中症とは

熱中症とは、高温多湿な環境に長時間いることで、体温調節機能がうまく働かなくなり、体内に熱がこもった状態を指します。
屋外だけではなく室内でも何もしていないときでも発症し、救急搬送されたり、場合によっては死亡することもあります。
熱中症について正しい知識を身につけ、体調の変化に気をつけるとともに、周囲にも気を配り、熱中症による健康被害を防ぎましょう。

熱中症を引き起こす要因

気温・湿度の高さ、風の弱さ、体調不良、水分の不足等が考えられます。そのため、決して屋外だけではなく、室内でも熱中症にかかることが多々あります。

症状

めまい、頭痛、立ちくらみ、こむら返り(筋肉痛)、手足のしびれ、吐き気、倦怠感、まっすぐに歩けない、意識がなくなる等が挙げられます。

 

熱中症予防対策について

熱中症は防ぐことのできる病気です。暑くなり始めの時期から無理のない範囲で体を暑さにならしたり、日傘や帽子、日陰を利用して暑さを避けたりと工夫しましょう。
特に高年者の方は、熱中症予防のために、普段から食事や運動に気を付けましょう。埼玉県では、おすすめの運動や食事を動画で紹介しています。
詳しくは、食事から熱中症を予防しましょう(外部サイトに接続します)及びふだんから運動しましょう(外部サイトに接続します)をご覧ください。

熱中症予防のポイント

1.上手にエアコンを使いましょう

特に、高齢者や持病のある方は節電中でも部屋の温度に気をつけてください。

2.暑くなる日は要注意

梅雨明けで急に暑くなる日や猛暑日は要注意です。気温・湿度が高いと熱中症にかかりやすくなります。早めに涼しい場所に避難しましょう。

3.水分はこまめに補給しましょう

大量に汗をかいたら塩分補給も忘れずに行ってください。お茶やビール等のアルコールを含む飲料は、利尿作用があり水分補給に適さないため、注意しましょう。

4.「おかしい」と思ったら病院へ

熱中症は、ひどいときには意識を失い、命の危険につながります。「おかしい」と思ったら、涼しい場所に避難し、医療機関に相談しましょう。

5.周りの人にも気配りを

自分はもちろん、身の周りの人の体調にも気を配りましょう。

詳細は、埼玉県のリーフレット「熱中症予防5つのポイント」(PDF:2.6MB)をご覧ください。

 

  災害時の熱中症予防について

夏季における災害時は、停電によりエアコンが使えなくなったり、断水等により水分補給が不十分になったりすることがあり、また、慣れない作業や疲労により体力が低下し、普段よりもさらに熱中症になりやすいため、特に注意が必要です。

普段以上にお互いに声を掛け合い、体調管理に十分気を付けましょう。

災害時の熱中症予防
エアコンが使用できないときの熱中症対策

熱中症になってしまったときの対処法

暑さを感じる6月頃から9月頃にかけて、めまい、頭痛、立ちくらみ、こむら返り(筋肉痛)、手足のしびれ、吐き気、倦怠感、まっすぐに歩けない、意識がない等の症状があるときは、熱中症を疑いましょう。

意識がある場合

涼しい場所へ避難し、服を緩め、体を冷やしましょう。自力で水分・塩分補給ができない場合は、医療機関を受診してください。

意識がない場合

すぐに119番通報し、救急車を呼びましょう。

詳細は、埼玉県のリーフレット「熱中症予防5つのポイント」(PDF:2.6MB)をご覧ください。

 

クールオアシスを利用してください

暑さをしのぎ涼むことができる場所として、市内の公共施設のほか、草加市薬剤師会加盟薬局が一時休憩所として利用できます。

「クールオアシスそうか」実施機関一覧はこちら。次のポスターが目印です。

 クールオアシスそうか

また、市内だけではなく、埼玉県内各所にクールオアシスがあります。詳細は、埼玉県のホームページ(外部サイトに接続します)をご覧ください。

このページに関する問い合わせ先

健康づくり課
住所:〒340-0016 草加市中央1丁目1番8号
電話番号:048-922-1156
ファクス番号:048-922-1516

このページに関するアンケート