メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
草加市

トップページ > 暮らし・手続き > 保険・年金 > 国民健康保険 > 国民健康保険特定健診・特定保健指導

国民健康保険特定健診・特定保健指導

更新日:2022年6月1日

令和4年度特定健診について

対象者には受診券を5月下旬に発送します。
    画像 特定健診ロゴ

特定健診・特定保健指導とは

食生活の乱れや運動不足が積み重なり発病する糖尿病や脳卒中などの病気を「生活習慣病」と言います。 特定健診は、この生活習慣病のシグナルとなる「メタボリックシンドローム」を発見し、事前に防ぐためのものです。

メタボリックシンドロームの判定を受けた人には、管理栄養士・保健師による特定保健指導を実施しています。 3か月から6か月間を目安に運動教室や食生活指導に参加し、生活習慣の改善に無理なく取り組んでいただきます。

対象者

草加市国民健康保険に加入している40歳から74歳の人(昭和22年10月1日から昭和58年3月31日に生まれた人)。
注1:令和4年4月2日から令和4年9月30日に国保加入の届出をした人も受診できます。受診券は届出の翌月下旬に発送します。
注2:令和4年4月1日から令和4年9月30日の間に75歳になる人は、後期高齢者健診の対象となります。

受診期間

令和4年6月1日(水曜日)から12月16日(金曜日)まで

注:12月は実施をしていない医療機関もありますので、事前に医療機関に確認してください。

受診方法

対象者には5月下旬に受診券を送付します。

問診票を記入し、受診券裏面の指定医療機関の中から、希望する指定医療機関へ申し込んでください。 健診結果については、後日、受診した医療機関で説明を受けてください。
注:受診券を紛失した場合は再発行しますので、市役所保険年金課に連絡をしてください。

自己負担額

無料

受診期間内に受診すると、通常約1万2,000円の自己負担額が無料で受診できます。

持ち物

  • 受診券
  • 問診票(受診券とセット)
  • 保険証

一部医療機関情報の変更について

♦かたい内科クリニックについて
 毎週水曜日は、特定健診の受診ができません。
♦草加中央診療所について
 廃院のため、特定健診の受診ができません。
♦メディカルトピア草加病院について
   午前中は特定健診の受診ができません。
 7月1日から特定健診の受診は、インターネット予約が必要です。
 詳細は、メディカルトピア草加病院にご確認ください。
♦ゆずな内科在宅クリニックについて
 今年度から特定健診の受診が可能です。
 住所:草加市高砂2-20-29 アースビル2階 電話番号924-8396
 診療日:月・火・水・金・土(午前) 予約必要。

受診できる医療機関・特定健診の検査項目

下の関連ファイル「令和4年度特定健診実施医療機関」、「令和4年度草加市特定健診の健診項目」で閲覧できます。

第二期データヘルス計画・第三期特定健診等実施計画

草加市国民健康保険被保険者の健康増進や健康格差の縮小を目指し、 計画・実施・評価・改善のサイクルに沿った効果的かつ効率的な保険事業の実施を図るため、「第二期データヘルス計画」を策定しました。
また、併せて特定健診・特定保健指導の実施方法等について定めた「第三期特定健診等実施計画」を策定しました。
下の関連ファイル「第二期データヘルス計画・第三期特定健診等実施計画」で閲覧できます。

第二期データヘルス計画・第三期特定健診等実施計画 中間評価報告書

令和2年度は、第二期データヘルス計画・第三期特定健診等実施計画の中間年にあたるため、計画の進捗状況等をまとめた中間評価報告書を策定しました。
下の関連ファイル「第二期データヘルス計画・第三期特定健診等実施計画 中間評価報告書」で閲覧できます。

健やかな生活を続けるためには、「セルフメディケーション」が大切です

セルフメディケーションとは、自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当することです。
平均寿命が延びているなか、できるだけ長く健康に生活を送っていくためには、自分の健康は自分で守ることを意識し、積極的に健康管理を行っていくことが大切です。
セルフメディケーションに取り組むことで、健康の維持、生活習慣病等の予防や改善・重症化予防につながります。

「セルフメディケーション」って何をしたらいいの?

  • 「特定健診」などの定期的な健康診断や人間ドック等を活用し、自身の健康状態を把握しましょう。
  • 適度な運動、バランスの取れた食事、十分な睡眠、休息を心がけるなど、日ごろから健康を意識しましょう。
  • 軽度な身体の不調を手当するために、OTC医薬品を上手に活用しましょう。

OTC医薬品とは

一般医薬品及び要指導薬品のうち、医療用から転用された医薬品のことで、薬局などで処方せんなしに購入できる医薬品のことです。使用の際は、必ず説明書を読み、体調が改善しない場合などは、医師や薬剤師に相談しましょう。

PDF・Word・Excelなどのファイルを閲覧するには、ソフトウェアが必要な場合があります。詳細は「ファイルの閲覧方法」を確認してください。

このページに関する問い合わせ先

保険年金課
住所:〒340-0016 草加市中央1丁目1番8号
保険税係 電話番号:048-922-1592 ファクス番号:048-922-3178
保険給付係 電話番号:048-922-1593 ファクス番号:048-922-3178
年金係 電話番号:048-922-1596 ファクス番号:048-922-3178

このページに関するアンケート