メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
草加市

トップページ > 暮らし・手続き > 保険・年金 > 国民健康保険 > 国民健康保険高齢受給者証

国民健康保険高齢受給者証

更新日:2020年4月27日

70歳になると、自己負担割合や自己負担限度額が変わります。
70歳以上75歳未満の人には、所得などに応じて自己負担割合が記載された「国民健康保険被保険者証兼高齢受給者証(以下、保険証兼高齢受給者証)」を交付しています。

適用される時期

70歳になる誕生月の翌月の1日から。ただし、各月の1日生まれは、誕生月から。
注:70歳になる誕生月(各月の1日生まれは、誕生月の前月)の下旬に、保険証兼高齢受給者証を自宅へ送付します。

自己負担割合

自己負担割合は、前年の所得に応じて判定します。

自己負担割合
区分対象負担割合
現役並み所得者 同一世帯に、市県民税課税所得145万円以上の70歳以上75歳未満の、国保被保険者がいる人。

ただし、次の場合は申請により「一般」の区分になります。
  • 70歳以上75歳未満の国保被保険者の収入額の合計が、2人以上で520万円未満、1人で383万円未満の場合。
  • 同一世帯に後期高齢者医療制度に移行する人がいて単身世帯になった際に、移行する人も含めた収入合計が520万円未満の場合。

また、次の場合は申請不要で「一般」の区分になります。
  • 昭和20年1月2日以降生まれで70歳以上75歳未満の国保被保険者がいる世帯のうち、基準総所得金額の合計が210万円以下の場合。
3割
一般 現役並み所得者、低所得者2及び1以外の人。 2割
低所得者2 70歳以上75歳未満で、同一世帯の擬制世帯主を含む国保被保険者が市県民税均等割非課税の人(低所得者1の該当者を除く)。 2割
低所得者1 低所得者2に該当し、かつ、その世帯の各所得が必要経費・控除(年金収入は控除額を80万円として計算)を差し引いたときに0円となる人。 2割

 

証の更新と負担割合の変更

保険証兼高齢受給者証は、毎年8月1日に更新します。
そのため、新しい保険証兼高齢受給者証は、7月中に郵送します。

負担割合は世帯で決定するため、新たに適用になった人や転居等をした人が同じ世帯にいる場合、あらためて負担割合を判定し決定します。
新たに適用になった人や転居等をした人はもちろんのこと、その他の人も含めて負担割合をあらためて判定しますので、現在決定している負担割合も変更になることがあります。

このページに関する問い合わせ先

保険年金課
住所:〒340-0016 草加市中央1丁目1番8号
保険税係 電話番号:048-922-1592 ファクス番号:048-922-3178
保険給付係 電話番号:048-922-1593 ファクス番号:048-922-3178
年金係 電話番号:048-922-1596 ファクス番号:048-922-3178

このページに関するアンケート