メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
草加市

納税の猶予制度

更新日:2021年2月1日

新型コロナウイルスの影響により市税の納付が困難な方への徴収猶予の「特例制度」の申請期間終了
に関するお知らせ

 令和3年2月1日をもって、徴収猶予の「特例制度」の申請期間は終了しました。徴収猶予特例制度の許可を受けた方は、猶予許可通知書に記載された猶予の期限をご確認いただき、期限内に納付していただきますようお願いいたします。猶予期限の終了日までに納付されない場合は、延滞金が発生し、督促状が送付されることがあります。
ほかの猶予を受けるためには、再度申請が必要です。また、職員が状況等を確認させていただくため、資料のご提出等をお願いすることがあります。詳しくは、「新型コロナウイルス感染症の影響により納税が困難な方に対する猶予制度」をご確認ください。

新型コロナウイルス感染症の影響により納税が困難な方に対する猶予制度

市税・国民健康保険税(以下、「市税等」という。)を一時に納付できない方のために、一定の要件に該当する場合、市長に申請することにより、原則1年以内の期間に限り、猶予を受けられる制度があります。
新型コロナウイルス感染症に納税者(ご家族を含む。)がり患された場合のほか、新型コロナウイルス感染症に関連するなどして納税の猶予制度に該当する場合は、納税課にご相談ください。   

納税の猶予制度

災害、疾病その他の事実により納税者が市税等を一時に納付することができないとき、納税資金調達の時間的余裕を作るため、その事実を証明する書類等を添えて申請することにより納税の猶予が認められる場合があります。

対象者

納税の猶予に該当する要件は次のとおりです。

  1. 財産が災害(震災、風水害、火災等)を受けたり、盗難に遭ったとき
  2. 納税者や生計を一にする親族が病気や負傷をしたとき
  3. 事業を廃止・休止したとき
  4. 事業に著しい損失を受けたとき
  5. 上記に類する事実があったとき
  6. 法定納期限後1年を過ぎてから課税が発生したとき

猶予の期間は原則1年以内となります。

関連ファイル

PDF・Word・Excelなどのファイルを閲覧するには、ソフトウェアが必要な場合があります。詳細は「ファイルの閲覧方法」を確認してください。

このページに関する問い合わせ先

納税課
住所:〒340-0016 草加市中央1丁目1番8号
管理係 電話番号:048-922-1098 ファクス番号:048-920-1502
第1納税係 電話番号:048-922-1124 ファクス番号:048-920-1502
第2納税係 電話番号:048-922-1126 ファクス番号:048-920-1502
特別滞納整理係 電話番号:048-922-3417 ファクス番号:048-920-1502

このページに関するアンケート