コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
草加市役所

トップページ > 暮らし・手続き > ごみ・環境 > ごみ > 家庭ごみ(粗大ごみ)の分け方、出し方

家庭ごみ(粗大ごみ)の分け方、出し方

更新日:2016年11月10日

ごみや資源物は正しく分別し、決められた収集日の当日、朝8時までに出してください。 (集積所に出せるのは家庭からのごみに限ります。収集作業後に出されたごみは再収集できません。)

可燃ごみ 週2回(一辺が50センチメートル未満かつ10キログラム未満の燃えるもの)

種類

  • 生ごみ・発泡スチロール・ゴム・革製品
  • ビニール・プラスチック類(カセットテープ・ビデオテープ・フロッピー・CDほか)
  • 小枝 (約30センチメートル×約50センチメートル)
  • 紙くず類(なるべく資源ごみへ。ただし、油分などを含んだものは可燃ごみで出してください)

手を加えても資源物にならないごみ

次のものは出せません。

  • ふとんや毛布など1辺が50センチメートル以上又は重さが10キログラム以上の粗大ごみ
  • 事業所(飲食店、商店、工場、会社、事務所、病院等)から出る事業系ごみ

出し方

  • 透明・半透明袋に入れて出してください。
  • 生ごみは水分をよく切ってください。
  • 古紙(新聞・雑誌・ダンボール・雑紙)は資源の日に出すか、地域の集団回収をご利用ください。
  • ダンボール箱に入れて出さないでください。
  • 小枝は1回に2束から3束までとし、量が多い場合は数回に分けて出していただくか、市が許可した収集運搬許可業者に依頼(有料)してください。

可燃ごみ出し方イラスト

不燃ごみ 月2回(一辺が50センチメートル未満かつ10キログラム未満の燃えないもの)

種類

  • せともの・ガラス類(耐熱用ガラス・化粧びん)
  • アルミホイル
  • スプレーかん
  • かん類(食品類)
  • 金属類(ナベ・18リットルかん等)
  • 包丁
  • 金属製のキャップ
  • 玩具
  • 油の入っていたびん
  • 薬品
  • 化粧品のびん
  • 素焼きプランター
  • 電子レンジ・炊飯器・プリンター・ラジカセなどの小型家電(50センチメートル未満)
  • 大きさが50センチメートル未満かつ重さ10キログラム未満の家電(エアコン・冷蔵庫(冷凍庫)・テレビ・洗濯機を除く)
    例:掃除機は、本体とホース部分を別々にして、透明のビニール袋に入れる。

次のものは出せません

エアコン、テレビ、冷蔵庫(冷凍庫を含む)、洗濯機

注:携帯電話、デジタルカメラなどの小型家電は、コミュニティセンターなどに設置されている回収ボックスに入れてリサイクルしてください。

有害ごみ

乾電池、蛍光管、体温計、かがみ

出し方

不燃ごみ

  • 割れたガラス類や刃物などは大変危険ですので、紙で包むなど安全な状態で出してください。
  • 不燃ごみは中身が分かるように、必ず透明袋に入れて出してください。

スプレー缶、ガス缶(スプレー缶、ポータブルガスの缶)

  • 発火や爆発の原因となりますので、穴あけせず、必ず中身を使い切って出してください。

ライター(使い捨てライター、オイルライターなどのライター類)

  • 発火や爆発の原因となりますので、必ず中身を使い切って出してください。

「スプレー缶・ガス缶」や「ライター」は収集作業や処理作業中に発火や爆発の原因となる「危険ごみ」です。これまでにも収集車から火が出たり、処理施設で爆発して設備を損傷させるなどの事故が発生しています。このため、「スプレー缶・ガス缶・ライター類」は、必ず中身を使いきってから出してください。

有害ごみ

蛍光管(直型、円筒型、電球型などの蛍光管)

  • 透明袋に入れて出してください。
  • 長い蛍光管については、付属の紙ケースなどに入れて出してください。

乾電池(乾電池類、ボタン電池等を含む)

  • 透明袋に入れて出してください。
  • 市役所・サービスセンター・中央図書館・勤労福祉会館・公民館でも回収ボックスを設置して回収しています。

水銀体温計(水銀を使用した体温計、血圧計など)

  • 透明袋に入れて出してください。

不燃ごみ出し方イラスト

注:小型家電のうち12品目につきましては、別途、拠点回収も行っています。

資源物 月2回

分け方

リサイクル
  • ペットボトル(右のマークの入っているもの)
  • かん類(飲料用)
  • びん類(飲料用)必ずふたをとってください
  • ダンボール・雑紙(紙箱・封筒・ティッシュ(油分が含まないもの)類)
  • 本・雑誌・新聞(チラシも含む)

手を加えることで資源物になるもの

出し方

スチール缶(ジュースなど飲料用のスチール製の缶)

  • 中身の入っているものは、必ず抜き取ってから出してください。
  • 集積所の青色のコンテナに出してください。

アルミ缶(ビール、ジュースなど飲料用のアルミ製の缶)

  • 中身の入っているものは、必ず抜き取ってから出してください。
  • 集積所の青色のコンテナに出してください。

びん類(しょうゆ、酒類、ジュース類、ドリンク剤など飲料用のびん)

  • キャップを取り、洗って、衛生的にし、集積所の黄色のコンテナに出してください。
  • 化粧品のびん、農薬などの薬品のびんは「不燃ごみ」として出してください。
  • 鏡、ガラス、コップ、せともの類は「不燃ごみ」として出してください。

市民の皆さんに分別していただいた「びん類」は、新しい瓶の材料や建設資材などの原材料としてリサイクルされています。ただし、リサイクルするためには金属キャップなどの異物や、「びん類」としてリサイクルされない薬品等(農薬、化粧品など)の瓶を混入させないことが必要です。

ペットボトル(しょうゆ、酒類、清涼飲料等の容器)

  • 必ずキャップとラベルを取り除き、中を洗って、つぶして、集積所の緑の網袋に出してください。
  • しょうゆ、酒類・清涼飲料以外のボトル(ソース、食用油、洗剤、シャンプーなど)は「燃えるごみ」として出してください。
  • ペットボトル(ペット樹脂)以外のプラスチック製容器(塩ビ樹脂など)を混ぜないでください。

ペットボトルは、衣類やプラスチック製品の原料としてリサイクルされています。ただし、リサイクルするためにはペットボトルの材料である「ペット樹脂」だけを集める必要があります。このため、キャップはペット樹脂ではありませんので必ず外す必要があります。外したキャップは、プラスチック製のものは「燃えるごみ」として、金属製のキャップは「不燃ごみ」として出してください。また、ペットボトルの汚れもリサイクルの品質低下の原因となりますので、軽く水ですすいでください。そして、運搬費用の節減のため、必ずつぶして出してください。

資源物として出せない缶・びん類

  • 化粧品、缶詰など
  • オイルかんや塗料類

上記のものは不燃ごみとして出してください。

  • 資源物出し方イラスト
  • ペットボトル回収

その他

環境業務センター及びリサイクルセンターでは、古着と廃食油の回収を行っています。日程については、下記から閲覧できます。

このページに関する問い合わせ先

廃棄物資源課
住所:〒340-0002 草加市青柳6丁目23番3号
資源循環推進係 電話番号:048-931-3972 ファクス番号:048-931-9993
業務係 電話番号:048-931-3972 ファクス番号:048-931-9993

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。