メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
草加市 SOKA CITY

十三仏板碑

更新日:2022年4月14日

  • s011.JPGの画像

名称(よみ) 十三仏板碑(じゅうさんぶついたび)
種別 市指定有形文化財(歴史資料)
員数 1基
指定年月日 1980年3月22日
概要 板碑(いたび)とは、死者の冥福を祈ったり、年忌などに仏事を行ったりすること(追善:ついぜん)のほか、生前に自分のために仏事を営んで、あらかじめ冥福を祈ること(逆修:ぎゃくしゅう)、また、仏像や堂塔の造営をすること(作善:さぜん)などを目的として建てられた、石造の平たい卒塔婆(そとば)のことです。鎌倉時代から江戸時代初期にかけ、主に関東地方で盛んに建造されました。
この十三仏板碑は、大永8年(1528年)の年号があり、逆修供養のために建てられたもので、周りの枠線の中に十三仏それぞれの種子(しゅじ=梵字)が配されています。
本市では他に例を見ない貴重な文化遺産であり、中世の地域社会や宗教を理解する上でかけがえのない資料です。
所在地 草加市神明1-3-43 東福寺
電話番号

このページに関するアンケート

このページに関する問い合わせ先

生涯学習課
住所:〒340-0015 草加市高砂2丁目1番7号 ぶぎん草加ビル4F
文化財保護係 電話番号:048-922-2830 ファクス番号:048-922-3498
生涯学習係 電話番号:048-922-2819 ファクス番号:048-922-3498

草加市 SOKA CITY

郵便番号:340-8550 埼玉県草加市高砂1丁目1番1号
電話番号:048-922-0151(代表) ファクス番号:048-922-3091

開庁時間:月曜日から金曜日(年末年始・祝日を除く)午前8時30分から午後5時/水曜日夜間(午後9時まで)
日曜総合窓口(午前9時から午後0時30分)
水曜日夜間・日曜総合窓口の取り扱い業務一覧