メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
草加市

トップページ > 子育て・教育 > 障がいのある子ども > 難聴児補聴器購入費助成事業

難聴児補聴器購入費助成事業

更新日:2020年1月21日

制度の概要

身体障害者手帳の交付対象とならない軽度・中等度難聴の児童の言語の発達を支援するため、補聴器購入費用に対する助成事業を行います。

対象者

次の要件をすべて満たす人

  • 両耳の聴力レベルが70デシベル未満で、身体障害者手帳の交付対象とならない満18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある児童
  • 補聴器の装用により言語の習得等一定の効果が期待できると医師が判断した人
  • 市民税所得割額が46万円以上の人がいない世帯に属する人
  • 労災補償保険法やその他の法令に基づく補聴器の購入費助成を受けていない人

助成内容

  • 補聴器の購入費用の3分の2を助成します。
    ただし、別表の助成対象品目に掲げる1台あたりの基準額の100分の106に相当する金額が購入費用の限度額をなります。
  • 成長に伴うイヤーモールドの交換を含め、修理に対する助成はありません。

助成対象品目等

補聴器の種類1台当たりの
基準価格
基準価格に含まれるもの耐用年数
軽度・中等度難聴用ポケット型 4万3,200円
  1. 補聴器本体(電池を含む。)
  2. イヤーモールド
    注:イヤーモールドを必要としない場合は、基準価格から9,000円を除く。
原則として5年
軽度・中等度難聴用耳かけ型 5万2,900円
高度難聴用ポケット型 4万3,200円
高度難聴用耳かけ型 5万2,900円
重度難聴用ポケット型 6万4,800円
重度難聴用耳かけ型 7万6,300円
耳あな型(レディメイド) 9万6,000円
耳あな型(オーダーメイド) 13万7,000円 補聴器本体(電池を含む。)
骨導式ポケット型 7万100円
  1. 補聴器本体(電池を含む。)
  2. 骨導レシーバー
  3. ヘッドバンド
骨導式眼鏡型 12万7,200円
  1. 補聴器本体(電池を含む。)
  2. 平面レンズ
    注:平面レンズを必要としない場合は、基準価格から1枚につき3,600円を除く。
FM型補聴器
(基準価格の範囲内で必要な額を加算する)
  1. FM型受信機8万円
  2. ワイヤレスマイク9万8,000円(充電池を含む。)
  3. オーディオシュー5,000円
    注:ワイヤレスマイクは1台のみ。

注:助成する補聴器は、装用効果の高い側の耳に片側装用を原則としますが、教育又は生活上必要と認められる場合は両耳装用のそれぞれについて助成します。詳しくは、子育て支援課へお問い合わせください。

助成金の給付までの流れ

購入費の助成を希望される場合は、購入前に申請が必要です。

交付申請

必要書類
  1. 難聴児補聴器購入費助成金交付申請書
  2. 難聴児補聴器購入費助成金交付意見書
    注:身体障害者福祉法に規定する医師等に記載していただくものです。
  3. 補聴器の見積書
  4. 印鑑

補聴器の購入

交付申請後、市で審査を行い、助成金を交付することが決定した人へ、交付決定通知書と給付券をお送りしますので、通知書に記載された決定業者に給付券を提出して購入してください。

助成金の請求

  • 全額支払した場合
    難聴児補聴器購入費助成金請求書に領収書を添えて請求してください。後日、指定された口座へ振り込みます。
  • 委任払いをする場合
    交付申請の際に、委任払いを行う旨申し出てください。
    後日交付する給付券にある委任状に必要事項を記載のうえ決定業者に提出し、利用者負担分をお支払いください。

手続き場所

  • 窓口
    市役所第二庁舎2階 子育て支援課
  • 受付時間
    月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・年末年始を除く)。

このページに関する問い合わせ先

子育て支援課 子ども援護係
  • 住所
    郵便番号340-0016 草加市中央1丁目1番8号
    草加市役所第二庁舎
  • 電話番号
    048-922-1483
  • ファクス番号
    048-922-3274

このページに関するアンケート