メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
草加市

トップページ > 健康・医療・福祉 > 病気・健康 > 大人の健康 > 成人男性の風しん抗体検査・予防接種クーポン券の利用期限が延長となりました

成人男性の風しん抗体検査・予防接種クーポン券の利用期限が延長となりました

更新日:2022年3月28日

令和元年度~令和3年度までの3年間、緊急風しん対策として昭和37年4月2日~同54年4月1日生まれの男性に風しん抗体検査・予防接種を実施してきましたが、国からの通知を受け、3年間延長し、令和4年度~令和6年度まで実施することになりました。

風しんについて

風しんウイルスに感染すると、約2~3週間の潜伏期間の後、発しん、発熱、首の後ろのリンパ節が腫れる、などの症状がみられることがあります。
妊娠中の女性が風しんに感染すると、お腹の赤ちゃんにも感染し、耳が聞こえにくい、目が見えにくいなどの先天性風しん症候群になる可能性があります。

風しんは予防接種をすることにより感染の拡大が予防できることから、風しんの抗体保有率が低い世代の男性に第5期定期予防接種を行っています。
自分自身と、これから生まれてくる世代の子どもを守るため、風しんの抗体検査と予防接種を受けましょう。

成人男性の風しん抗体検査・予防接種

  • 令和4年3月末に対象者の方で、まだクーポン券を使っていない方にご案内のはがきを送付しました。草加市に転入された方で、すでにクーポン券を使用した方は、対象外となります。
  •  お手元のクーポン券は有効期限が切れていてもそのまま使用可能(令和5年3月31日まで)です。
  •  クーポン券を紛失した方や転入してきた方は再発行ができますので、電子申請または男性の風しんクーポン券申込書(PDF:70KB)をダウンロードして保健センターに提出してください。(申込書の提出は郵送可。) 
      
対象者 受診日に草加市に住民票がある昭和37年4月2日~同54年4月1日生まれの男性
  • 今までにクーポン券を使用し、抗体検査や予防接種を受けた方は再度受ける必要はありません。
  • 転居等で草加市に住民票がない場合は、草加市のクーポン券は使用できません。住民票のある市町村に再発行を申請してください。
実施期間 令和4年4月1日~令和5年3月31日
(令和元年、2年3月末に送付したクーポン券の有効期限は令和5年3月31日まで延長しています。)
実施医療機関 委託医療機関(関連リンク参照) 
費用 クーポン券利用で無料

 償還払い(風しん抗体検査・定期接種費用助成金)について

対象者 受診日に草加市に住民票がある昭和37年4月2日~同54年4月1日生まれの男性で委託医療機関以外で抗体検査または抗体価が低く予防接種を受けた人
申請に必要な書類
助成額 抗体検査または定期接種に際し負担した額と助成上限額とのうち、いずれか少ない額
申請方法 抗体検査を受けた日または定期接種を受けた日のいずれか遅い日から起算して1年以内に、保健センターまで提出してください。
  • 窓口
    平日午前8時30分から午後5時まで
  • 郵送
    郵便番号340-0016 草加市中央1-5-22
    保健センター宛て
申請後の流れ
  • 助成金の交付が決定されると交付決定通知書・請求書を自宅に郵送します。交付決定通知書に記載の決定金額、口座番号などを請求書に記載し、署名・押印の上、保健センターまで提出してください。
  • 請求書に基づいて記載の口座に振り込みます。その際、振込通知書は省略しますので、通帳記帳などでご確認ください。

PDF・Word・Excelなどのファイルを閲覧するには、ソフトウェアが必要な場合があります。詳細は「ファイルの閲覧方法」を確認してください。

このページに関する問い合わせ先

担当:健康づくり課(保健センター)
郵便番号:340-0016
住所:草加市中央1丁目5番22号
電話番号:048-922-0200
ファクス番号:048-922-1516

このページに関するアンケート