メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
草加市

トップページ > 暮らし・手続き > 保険・年金 > 国民年金 > 国民年金(老齢基礎年金)

国民年金(老齢基礎年金)

更新日:2022年04月01日

 老齢基礎年金の受給者の生年月日に応じて、加入可能年数が下の表のように決まっています。
 この年数のすべて、保険料を納めていれば令和4年度の年間の年金額は77万7,800円(満額)となります。

付加保険料を納めた人の計算

 月額400円の付加保険料を納めた人は、老齢基礎年金と一緒に付加年金が受けられます。

 付加年金:定額保険料+400円 「200円×付加保険料を納めた月数」が、老齢基礎年金の年間の受給額に加算されます。

受給資格期間・加入可能年数

 国民年金がスタートしたのは昭和36年4月1日。そのとき20歳以上の人は60歳になるまでに40年間加入することができません。
 それらの人には、生年月日により下記の表のとおり短縮措置がとられます。

 受給資格期間とは、老齢基礎年金を受けるために最低必要な期間です。

生年月日 受給資格期間 加入可能年数
昭和5年4月2日から昭和6年4月1日 10年 29年
昭和6年4月2日から昭和7年4月1日 10年 30年
昭和7年4月2日から昭和8年4月1日 10年 31年
昭和8年4月2日から昭和9年4月1日 10年 32年
昭和9年4月2日から昭和10年4月1日 10年 33年
昭和10年4月2日から昭和11年4月1日 10年 34年
昭和11年4月2日から昭和12年4月1日 10年 35年
昭和12年4月2日から昭和13年4月1日 10年 36年
昭和13年4月2日から昭和14年4月1日 10年 37年
昭和14年4月2日から昭和15年4月1日 10年 38年
昭和15年4月2日から昭和16年4月1日 10年 39年
昭和16年4月2日以後 10年 40年

受給資格期間とは

  1. 国民年金の保険料を納めた期間
  2. 国民年金の保険料の納付を全額免除された期間
  3. 国民年金保険料の一部納付(一部免除)が承認されて、その一部の保険料を納めた期間
  4. 厚生年金または共済組合の加入期間
  5. 第3号被保険者であった期間
  6. その他の合算対象期間

注:平成29年8月より、受給資格期間が25年から10年に短縮されました。
参考:日本年金機構ホームページ(外部サイトにリンクします)

合算対象期間とは(受給資格期間に含まれますが、年金額の計算対象にはなりません)

  • 学生納付特例制度が承認された期間
  • 若年者納付猶予制度が承認された期間
  • 昭和36年4月以降の次の期間
    1. 厚生年金保険や共済組合に加入している人の配偶者が任意加入しなかった期間(昭和61年3月まで)
    2. 20歳以上の昼間部の学生が任意加入しなかった期間(平成3年3月まで)
    3. 20から60歳未満の海外に住んでいた期間で任意加入しなかった期間
    4. 厚生年金保険などから脱退手当金を受けた期間

 これらは、受給資格期間に含まれますが、年金額の計算の対象にはなりません。

受給額(年金額)

 年額77万7,800円 (月額6万4,816円)(令和4年度)

 ただし、この額は 40年間すべて保険料を納めた人の金額で、未納期間や免除期間があるとそれだけ減額されます。

年金額の計算

 年金額は次のように計算されます。

 77万7,800円×((保険料を納めた月数)+(保険料を全額免除された月数×3分の1)+(保険料を4分の3免除された月数×2分の1)+(保険料を半額免除された月数×3分の2)+(保険料を4分の1免除された月数×6分の5))/加入可能年数×12月

 平成21年4月以降に免除期間がある場合は、全額免除を2分の1、4分の3免除を8分の5、半額免除を4分の3、4分の1免除を8分の7と読み替えて計算してください。

 詳しくは下記関連リンクの日本年金機構ホームページから閲覧できます。

このページに関する問い合わせ先

保険年金課
住所:〒340-0016 草加市中央1丁目1番8号
保険税係 電話番号:048-922-1592 ファクス番号:048-922-3178
保険給付係 電話番号:048-922-1593 ファクス番号:048-922-3178
年金係 電話番号:048-922-1596 ファクス番号:048-922-3178

このページに関する問い合わせ先

ねんきん加入者ダイヤル
電話:0570-003-004「国民年金加入者向け」
ねんきんダイヤル
電話番号:0570-05-1165
越谷年金事務所
住所:郵便番号 343-8585 越谷市弥生町16-1 越谷ツインシティBシティ3階
電話番号:048-960-1190(代表)
自動音声案内(音声が流れている間に相談内容に応じた番号を押してください)
年金の請求や受給者の相談について(お客様相談室) 1→2
国民年金について(国民年金課) 2→2
日付・時間帯によっては繋がりにくい場合もあります。

このページに関するアンケート