コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
草加市役所

トップページ > 市政 > 市の紹介 > 市長メッセージ > 市長室の話題 > 平成30年度全日本卓球選手権大会 カブの部第3位 佐藤希未さんが表敬訪問

平成30年度全日本卓球選手権大会 カブの部第3位 佐藤希未さんが表敬訪問

更新日:2019年2月19日

ta1

1月11日(金曜日)、平成30年7月に神戸市で行われた「全農杯平成30年度全日本卓球選手権大会」に出場し、カブ女子シングルス(小学4年生以下)の部で第3位と見事な成績を残された佐藤希未(さとうのぞみ)さん(西町小3年)に表敬訪問いただきました。

同大会の歴代優勝者には、現在活躍する張本智和選手や石川佳純選手、引退された福原愛選手などが名を連ねる非常にハイレベルな大会で、佐藤さんは平成29年に開催された同大会においても、バンビ女子シングルス(小学2年生以下)の部で第2位となっています。


ta2
両親が卓球経験者という選手が多いなか、佐藤さんのように両親ともに卓球経験がない選手は珍しいとのこと。
佐藤さんの努力やセンス、ご家族のサポートが素晴らしい結果につながっているのでしょう。

 大会では、満足がいく試合ができたと話す佐藤さん。
卓球が楽しい。負けても次は絶対に勝つ!という気持ちをもって試合に臨んでいると話します。

ta3
持ち続けている夢はひとつ!「オリンピックで金メダル」

ta4
浅井昌志草加市長は「全国トップクラスの大会で活躍する選手が草加市から輩出できていることを誇りに思います。
卓球が楽しいという気持ちをなくさず、楽しみながら日本から世界へと挑戦してもらいたい」と激励しました。
今後も、佐藤さんのますますのご活躍を願うとともに、喜ばしいご報告をいただけることを心待ちにしています。

市では、今後も全国や世界で活躍できるジュニアアスリートの育成や支援に取り組んでいきます。

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。