メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
草加市

新型コロナウイルス感染拡大予防公民館等運営管理基準

更新日:2021年9月30日

1.趣旨

公民館及び文化センター(以下「公民館等」という。)の施設利用について、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、
「草加市公共施設利用に関する新型コロナウイルス感染拡大防止ガイドライン」 及び公益社団法人全国公民館連合会「公民館
における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」 に基づく感染症予防策を取り入れた運営を行うにあたり、 運営管理
基準を定める。

2.対象施設

  • 中央公民館
  • 柿木公民館
  • 谷塚文化センター
  • 川柳文化センター
  • 新田西文化センター
  • 新里文化センター

3.利用時の条件

⑴利用人数の制限

定員の50%以内の人数で利用すること。

⑵来館者の制限

来館前に検温を行い、37.5度以上の発熱があった場合又は平熱比1度超過や、息苦しさ(呼吸困難)・強いだるさ、軽度であっても咳・咽頭痛などの症状がある場合は、来館を控えること。

⑶マスクの着用、手洗い等の実施

館内では、必ずマスクを着用し、手洗いや手指の消毒を徹底すること。

⑷室内換気の実施

換気設備がある場合は常時稼働させるとともに、定期的にドアや窓を開けて換気を行うこと。

⑸対人距離の確保

館内では、人との距離は最低1m(できれば2m)離れること。

⑹飲食の制限

活動時に水分補給を除く飲食を行う場合は、パーティションを使用するとともに、十分な人との距離を確保し、会話は最小限とすること。

⑺活動終了時の清掃等の実施

活動が終わったら、清掃、消毒等の実施を徹底すること。

⑻速やかな入退館の実施

利用時間に合わせて来館し、利用後は速やかに退館すること。

⑼利用者名簿の作成

参加者の利用者名簿を作成し、しばらくの間、団体で保管すること。

4.活動制限

⑴ 次のいずれかに該当する活動については、感染拡大のリスクが高いと考えられることから、利用団体等の使用責任者は、
 業種別ガイドラインに基づく感染防止策など、効果的な感染予防策を講じるとともに、活動中における参加者等の予防策の
 実施を管理するものとする。

活動内容

語学会話など発声を主とする活動

外国語会話など

息を吹く楽器の使用

管楽器、オカリナ、尺八等の演奏など

運動、武道

ダンス、卓球、バドミントン、吹き矢、体操、踊り、ヨガ、太極拳、柔道、剣道、空手、合気道など

活動上密接を避けることができない活動

囲碁、将棋、麻雀、かるた、着付け、茶道など

調理を伴う活動

料理、パン、そば、お菓子など


⑵ 次のいずれかに該当する活動については、感染リスクが高いと考えられることから、施設利用はできないものとする。
  ただし、1部屋1人のみで利用する場合は除きます。

活動内容

大きな声を出す、歌(唄謡詠)う

合唱、カラオケ、コーラス、歌唱、詩吟、民謡など

会食を伴う活動

料理教室(持ち帰りの場合は除く)など

5.期間

期間は、令和3年10月1日から10月24日までとする。

このページに関する問い合わせ先

生涯学習課
住所:〒340-0015 草加市高砂2丁目1番7号 ぶぎん草加ビル4F
文化財保護係 電話番号:048-922-2830 ファクス番号:048-922-3498
生涯学習係 電話番号:048-922-2819 ファクス番号:048-922-3498

このページに関するアンケート