メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
草加市 SOKA CITY

中世から近世初頭の草加

更新日:2022年2月2日

歴史民族資料館

承久3年(1221年)、北条氏(ほうじょうし〕は鎌倉の鶴岡八幡宮(つるがおかはちまんぐう)に戦勝祈願のため谷古宇郷(やこうごう)の地を寄進しました。これが、書き示された資料の中で草加市域が登場する始まりといわれ、以来、関東武士の攻防を目の当たりにする土地となっていきました。

天正18年(1590年)、小田原の北条氏が滅亡すると徳川家康(とくがわいえやす)が関東に移り来て、翌年には柿木の東漸院(とうぜんいん)に朱印状(しゅいんじょう)を与えるなど、関東各地で所領安堵(しょりょうあんど=認定)などの施策を展開していきました。また、慶長8年(1603年)、家康は江戸に幕府(ばくふ)を開き、さらに彼の命を受けた関東郡代(かんとうぐんだい)伊奈忠次(いなただつぐ)は、八条領立野堀(はちじょうりょうたてのほり=稲荷一丁目から六丁目付近)の新田(しんでん)開発を許可し、この頃から草加市域では広大な沼沢が豊かな美田へと開発されていきました。そして従来からある村のほか多くの新田ムラが誕生し、市域の村々は、一部に大名や旗本、江戸の寺院の支配を受けましたが、多くは天領(てんりょう)といわれる幕府の直轄領に組み込まれていきました。

このページに関するアンケート

このページに関する問い合わせ先

生涯学習課
住所:〒340-0015 草加市高砂2丁目1番7号 ぶぎん草加ビル4F
文化財保護係 電話番号:048-922-2830 ファクス番号:048-922-3498
生涯学習係 電話番号:048-922-2819 ファクス番号:048-922-3498

草加市 SOKA CITY

郵便番号:340-8550 埼玉県草加市高砂1丁目1番1号
電話番号:048-922-0151(代表) ファクス番号:048-922-3091

開庁時間:月曜日から金曜日(年末年始・祝日を除く)午前8時30分から午後5時/水曜日夜間(午後9時まで)
日曜総合窓口(午前9時から午後0時30分)
水曜日夜間・日曜総合窓口の取り扱い業務一覧