メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
草加市

トップページ > いざという時のために > 新型コロナウイルスに関わる情報 > 保護者の皆様へ > 新型コロナウイルス感染症に伴う臨時休業の範囲や条件について

新型コロナウイルス感染症に伴う臨時休業の範囲や条件について

更新日:2021年10月7日

学校関係者に新型コロナウイルス感染症に係る検査により感染が確認された場合の学級閉鎖等の基準について、文部科学省の「学校で児童生徒等や教職員の新型コロナウイルスの感染が確認された場合のガイドライン」を参考にして、以下のとおり基準を定めました。

新型コロナウイルスの感染が拡大する可能性がある場合、学校や学校医、保健所と連携し、学級、学年、学校の臨時休業の検討をします。

学級閉鎖

  1. 同一の学級において複数の児童生徒の感染が判明した場合
    この場合であっても、いずれも家庭内感染が明確であり、校内における感染の疑いが生じないと認められた場合は、学級閉鎖にしないこともあります。
  2. 感染が確認された者が1人であっても、周囲の未診断の風邪等の症状がある者が複数いる場合
  3. 1人の感染者が判明し、感染の疑いの高い者が複数いる場合
  4. その他、教育委員会で必要と判断した場合 

学年閉鎖

複数の学級を閉鎖する等、学年内で感染が広がっている可能性が高い場合に実施します。

学校全体の臨時休業

複数の学年を閉鎖する等、学校内で感染が広がっている可能性が高い場合に実施します。

その他

  1. 学級閉鎖の期間は、5日程度を目安に、感染の把握状況、拡大状況、児童生徒等への影響等を踏まえて判断します。学級閉鎖の期間中は、感染の疑いの高い者周辺の検査対象となる者の候補を特定し、行政検査につなげます。
  2. 学校再開にあたっては、児童生徒の健康観察を行うとともに、同居家族等の健康観察も丁寧に行い、一人でも調子の悪い者がいた場合は、登校を控えることを徹底します。
  3. 児童生徒の感染の確認の連絡が遅い時刻であった場合や土日を含む休日であった場合は、「感染の疑いの高い者」の有無や特定のため、翌日以降を学級閉鎖とすることがあります。

このページに関する問い合わせ先

学務課
住所:〒340-0015 草加市高砂2丁目1番7号 ぶぎん草加ビル4F
学務係 電話番号:048-922-2674 ファクス番号:048-928-1178
保健給食係 電話番号:048-922-2685 ファクス番号:048-928-1178

このページに関するアンケート