メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
草加市 SOKA CITY

トップページ > 草加を楽しむ > 自然・生き物 > 市内の河川 > 市内に流れる河川 綾瀬川

市内に流れる河川 綾瀬川

更新日:2011年8月18日

綾瀬川写真

市の中央部を南北に流れる本市の代表河川です。県中央部の桶川市にある「備前堤」を発端としています。源流付近では川幅1メートルにもなりません。
伊奈、蓮田、岩槻、川口、越谷をゆっくり蛇行しながら本市に入り、川口・越谷の境界付近では川幅が60メートルにもなります。川はさらに八潮市、足立区を流れ葛飾区で中川に合流します。流路延長は47.3キロメートル、流域面積は178.3平方キロメートルです。
名前の由来は、改修前の綾瀬川は川筋が定まらず、多くの「瀬」が乱流して、その様子が「綾」に似ていたとする説と、流路を度々変えることから「あやしの川」と呼ばれるようになり、それが転化したという説があります。
歴史的には、埼玉と足立両郡の境界をなす荒川筋の本流でした。現在のような川筋になったのは、寛永年間(1624年から1644年)の幕府の流路改修で、この時代に金明町地先から現在の古綾瀬川に入っていた綾瀬川は、草加松原付近のように一直線に流れる流路に変えられました。舟運も江戸時代、明治時代に盛んでしたが、陸上交通の発達と共に大正時代をピークに減少をたどり昭和30年代以降は姿を消しました。その昭和30年頃までは、ホタルも生息していたきれいな川でしたが、都市化の進展と共に、水質汚濁が深刻になり昭和55年から平成6年までの15年間汚濁のワースト1でありましたが、種々の努力の結果、水質は改善されてきています。一方で大雨や台風時に洪水を度々引き起こすようになりましたが、近年、激特事業の完成や綾瀬川放水路の完成により被害は大幅に改善されました。

PDF・Word・Excelなどのファイルを閲覧するには、ソフトウェアが必要な場合があります。詳細は「ファイルの閲覧方法」を確認してください。

このページに関するアンケート

このページに関する問い合わせ先

河川課
住所:〒340-0014 草加市住吉1丁目5番2号
計画係 電話番号:048-922-2172 ファクス番号:048-922-2124
工務係 電話番号:048-922-2179 ファクス番号:048-922-2124
排水機場係 電話番号:048-922-3409 ファクス番号:048-922-2124

草加市 SOKA CITY

郵便番号:340-8550 埼玉県草加市高砂1丁目1番1号
電話番号:048-922-0151(代表) ファクス番号:048-922-3091

開庁時間:月曜日から金曜日(年末年始・祝日を除く)午前8時30分から午後5時/水曜日夜間(午後9時まで)
日曜総合窓口(午前9時から午後0時30分)
水曜日夜間・日曜総合窓口の取り扱い業務一覧