メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
草加市 SOKA CITY

トップページ > 草加を楽しむ > イベント・行事 > スポーツ > オリンピック・パラリンピックの取り組み > お知らせ > 「東京2020パラリンピック聖火ビジット」をであいの森で開催しました

「東京2020パラリンピック聖火ビジット」をであいの森で開催しました

更新日:2021年9月1日

令和3年8月19日(木曜日)に、「東京2020パラリンピック聖火ビジット」を総合福祉センターであいの森で実施しました。
聖火ビジットは、同日に埼玉県朝霞市で実施された集火式(県内17カ所で採火された火を集め、埼玉県のパラリンピック聖火を作るイベント)において、パラリンピック聖火を分火して自治体に持ち帰り、展示するものです。
草加市では、聖火ビジットの開催を記念したセレモニーを同施設で実施しました。

聖火ビジット(ランタン入場)
であいの森の施設利用者の諏訪恵子様に、「埼玉県のパラリンピック聖火」の灯ったランタンを持って入場していただきました。

 聖火ビジット(聖火展示)

であいの森地域活動支援センターの皆様で作成していただいた、選手へのメッセージが記載された心のこもった素敵な展示台に、制作にご尽力いただいた同センターの西村知彦様に展示していただきました。
セレモニー後は、午後7時までランタンを展示台に展示しました。

 聖火ビジット(パラ聖火ランナー)
同会場に、東京2020パラリンピック聖火ランナーの多賀名雅仁様と伴走者(母)の里香様が来てくれました。
「スペシャルオリンピックス埼玉の陸上の部に参加しており、障がいのある人も頑張っている姿を見て、自分も頑張りたいと思い、聖火ランナーに応募しました。聖火リレーは緊張しましたが、楽しめました。」と話してくださいました。

聖火ビジット(オリ聖火ランナー)

東京2020オリンピック聖火ランナーの伊藤寿行様もパラリンピック聖火を見に来てくれました。

東京2020パラリンピック聖火リレーのコンセプトは「あなたは、きっと、誰かの光だ。」です。社会の中で誰かの希望となっている多様な光が集まり、出会うことで、共生社会を照らす力にしようという想いが込められています。
本市における共生の輪がさらに広まることを願うとともに、パラリンピックスポーツを普及させ、誰もが、いつでも、平等にスポーツができる社会の実現に向け、取り組んでまいります。

このページに関するアンケート

このページに関する問い合わせ先

スポーツ振興課
住所:〒340-8550 草加市高砂1丁目1番1号
電話番号:048-922-2861
ファクス番号:048-922-3172
オリンピック・パラリンピック推進室
電話番号:048-922-3493 ファクス番号:048-922-3172

草加市 SOKA CITY

郵便番号:340-8550 埼玉県草加市高砂1丁目1番1号
電話番号:048-922-0151(代表) ファクス番号:048-922-3091

開庁時間:月曜日から金曜日(年末年始・祝日を除く)午前8時30分から午後5時/水曜日夜間(午後9時まで)
日曜総合窓口(午前9時から午後0時30分)
水曜日夜間・日曜総合窓口の取り扱い業務一覧