メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
草加市

トップページ > 暮らし・手続き > 税金 > 市民税・県民税(個人) > セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)

セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)

更新日:2021年8月20日

制度概要

健康の保持増進及び疾病の予防として一定の取組を行っている方が、その年中に自己又は自己と生計を一にする配偶者その他の親族のために1万2,000円以上の対象医薬品を購入した場合には、「セルフメディケーション税制」(通常の医療費控除との選択適用)を受けることができます。

この制度の適用を受ける場合は、従来の医療費控除との併用はできません

計算方法

対象医薬品購入費用(最大10万円まで)-1万2,000円=控除額(最大8万8,000円)

対象となる医薬品

スイッチOTC医薬品とは、医師によって処方される医療用医薬品から、薬局やドラッグストアなどで購入できるOTC医薬品に転用された医薬品のことです。対象の医薬品については、厚生労働省のホームページ(外部サイトにリンクします)で公表されているほか、一部の製品については、パッケージに対象であることを示す識別マークが掲載されています。

スイッチOTCロゴ

対象者

セルフメディケーション税制の適用を受けようとする年分に、「健康の保持増進及び疾病の予防に関する一定の取組」を行っている人が対象となります。

健康の保持増進及び疾病の予防に関する一定の取組

  • 保険者(健康保険組合等)が実施する健康診査【人間ドック、各種健(検)診等】
  • 市区町村が健康増進事業として行う健康診査
  • 予防接種【定期接種、インフルエンザワクチンの予防接種】
  • 勤務先で実施する定期健康診断【事業主検診】
  • 特定健康診査(いわゆるメタボ検診)、特定保健指導
  • 市区町村が健康増進事業として実施するがん検診

適用を受けるために必要な書類

  1. セルフメディケーション税制の明細書 
  2. 一定の取組を行ったことを明らかにする書類(提示によることもできます。)

一定の取組を行ったことを明らかにする書類

  • インフルエンザの予防接種又は定期予防接種(高齢者の肺炎球菌感染症等)の領収書又は予防接種済証
  • 市区町村のがん検診の領収書又は結果通知表
  • 職場で受けた定期健康診断の結果通知表
    注:「定期健康診断」という名称又は「勤務先(会社等)名称」が記載されている必要があります。

  • 特定健康診査の領収書又は結果通知表
    注:「特定健康診査」という名称又は「保険者名(ご加入の健保組合等の名称)」が記載されている必要があります。

  • 人間ドックやがん検診をはじめとする各種健診(検診)の領収書又は結果通知表
    注:「勤務先(会社等)名称」「保険者名(ご加入の健保組合等の名称)」が記載されている必要があります。

PDF・Word・Excelなどのファイルを閲覧するには、ソフトウェアが必要な場合があります。詳細は「ファイルの閲覧方法」を確認してください。

このページに関する問い合わせ先

市民税課
住所:〒340-0016 草加市中央1丁目1番8号
個人課税係 電話番号:048-922-1042 ファクス番号:048-920-1502
法人諸税係 電話番号:048-922-1049 ファクス番号:048-920-1502

このページに関するアンケート