メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
草加市

トップページ > いざという時のために > 新型コロナウイルスに関わる情報 > 感染予防関連 > 新型コロナウイルスの感染予防(拡大防止)について【国の新しい生活様式】

新型コロナウイルスの感染予防(拡大防止)について【国の新しい生活様式】

更新日:2020年6月19日

新型コロナウイルスの感染予防(再び拡大させないために私たちで行うこと)
~正しい理解を深めて・基本行動を徹底しましょう(感染するリスクは身近に存在しています)~

新型コロナウイルスと距離感を保ちましょう

他人と自分を守る行動(うつらない・うつさない)の徹底

  • 毎朝の体温測定、健康チェックを基本行動にしましょう
  • 発熱や身体に異常を感じたら、絶対に外出をしない(他人へうつさない)でください
    注意:高年者や持病がある重症化リスクの高い人と会うときは、体調管理をより厳重にしてください
  • 異常が続く場合は、かかりつけ医や相談センターに相談してください
  • 受診の目安(帰国者・接触相談センター等への相談目安)
    息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱などの強い症状のいずれかがある場合
    重症化しやすい方で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合
    上記以外で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合
おばさん検温の画像

新しい生活様式(コロナと共存する生活)を心掛けましょう

  • 新型コロナウイルス感染症専門家会議からの提言を踏まえ、日常生活における「新しい生活様式」の実践例が示されました。
新しい生活様式の実践例の画像

 

普段から行う日常における基本行動を身につけましょう

1.身体的距離の確保

  • 人との間隔は、できるだけ2メートル(最低1メートル)空けましょう
  • 会話をする際は、可能な限り真正面を避けましょう

ディスタンスの画像

2.マスクの着用(熱中症には十分気をつける)

  • 密閉された空間ではマスク着用(自己防衛)しましょう
    通勤、通学(車内)、買い物(店内)等
  • 外出も熱中症にならないよう気をつけながら、屋内や会話の際は、症状がなくてもマスク着用しましょう 

通勤電車の画像

  • マスクがないときは、咳エチケットを行いましょう
  • マスクがないときの画像

    マスクがないとき
    ティッシュハンカチで口・鼻を覆う

  • とっさのときの画像

    とっさのとき
    袖で口・鼻を覆う

3.手洗い

  • 帰宅したら、まず手や顔を洗いましょう。
  • できるだけすぐに着替えましょう・シャワーを浴びることを習慣化としましょう
  • 手洗いは、じっくりと30秒行いましょう。
    手洗いの画像
    • 流水で手をぬらしてせっけんをつけるの画像

      流水でよく手をぬらした後、石けんをつけ、手のひらでよくこすりつけます。

    • 手の甲をこするの画像

      手の甲を伸ばすようにこすります。

    • 指先爪の間をこするの画像

      指先・爪の間を念入りにこすります。
      (特に洗い残しが多いので注意)

     

  • 指の間を洗うの画像

    指の間を洗います。

  • 親指と手のひらを洗うの画像

    親指と手のひらをねじり洗います。

  • 手首を洗うの画像

    手首をねじり洗います。

 

  • 接触感染にも注意が必要です。人は目や鼻、口などの粘膜を無意識に多く触っています。
接触感染に注意の画像
人は無意識に顔を触っていますの画像
  • 粘膜の割合の画像
  • 手洗いのすすめの画像

    水とハンドソープによる手洗いで、ウイルスを減らす効果が期待できます。

出典:厚生労働省HP抜粋
  • 手洗いのタイミングは、公共の場所から帰った時、咳やくしゃみ、鼻をかんだ時、ご飯を食べる前と後、病気の人のケアをした時、外にあるものに触った時です。
手洗いの5つのタイミングの画像
出典:厚生労働省HP抜粋

4.換気

  • 風の流れができるよう、2方向の窓を、1回、数分間程度、全開にしましょう。換気回数は毎時2回以上確保しましょう。
  • 窓が1つしかない場合でも、入口のドアを開ければ、窓とドアの間に空気が流れます。扇風機や換気扇を併用したり工夫すれば、換気の効果はさらに上がります。
  • エアコンを使用するときも可能なかぎり換気を行いましょう。

こまめに換気をの画像

出典:首相官邸HP(「密閉」「密集」「密接」しない!・3つの密を避けるための手引)抜粋

日常生活における各場面での生活様式

1.買い物

  • 食料品等の買い物は、最低限の回数、人数で行い、混み合う時間を避け、できる限り買い物にかける時間を短くしましょう。
  • できるだけ少人数で買物に行きましょう。
  • お店での滞在時間をできるだけ短くしましょう。買い物メモを準備するのも役に立ちます。
  • 混雑を避けて買物をしましょう。混んでいる時間帯を避けること有効です。
  • テイクアウトも活用しましょう。

密を避けて買物をしていただくためにの画像

出典:農林水産省HP(「密」を避けて気持ちよく買物をしていただくために)抜粋

2.ご自宅でできる運動

  • 健康づくりは、家でもできるラジオ体操などで身体を動かしてください。

ラジオ体操動画映像(株式会社かんぽ生命保険)(外部サイトにリンクします)
「健康づくりのための動画を紹介~運動不足を解消しましょう~
高年者の方やご家庭に高年者の方がいる場合は、「高年者の皆様とそのご家族様へ」も参考にしてください。

 

ラジオ体操の画像

このページに関するアンケート

新型コロナウイルスの感染予防(拡大防止)について【国の新しい生活様式】