メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
草加市

トップページ > いざという時のために > 新型コロナウイルスに関わる情報 > 公共施設・イベント関連 > まん延防止等重点措置期間の終了に伴い、公共施設の利用制限を通常運用に戻します

まん延防止等重点措置期間の終了に伴い、公共施設の利用制限を通常運用に戻します

更新日:2022年3月22日

まん延防止等重点措置期間の終了に伴い、令和4年3月22日(火曜日)から市内公共施設及び学校開放施設の利用を通常運用に戻します。詳細は、以下のとおりです。

対象施設及び事業・イベント

  • 市内公共施設及び学校開放施設
  • 市(委託業者を含む。)が実施する事業やイベント

対象期間

令和4年3月22日(火曜日)から

対応内容

市内公共施設及び学校開放施設の利用を通常運用に戻します。

ただし、施設利用及び事業・イベントの実施は、「草加市公共施設利用に関する新型コロナウイルス感染症拡大防止ガイドライン(令和3年11月29日改定」及び施設ごとに策定する運営管理基準(三密等の感染防止対策)に基づき、感染症対策を十分に徹底した上で行うものとします。

イベントの開催について

  • 引き続き、イベントの開催は、別紙2「埼玉県 第72回新型コロナウイルス対策本部会議」資料3頁の「4イベントの開催制限」に沿って以下のとおり対応するものとします。
  • 詳細は、埼玉県ホームページ(外部サイトへ接続します)をご確認ください。

感染防止安全計画の提出が必要な場合

参加予定人数が、5,000人以上のイベント

チェックリストの公表が必要な場合

参加予定人数が、1000人以上のイベント

PDF・Word・Excelなどのファイルを閲覧するには、ソフトウェアが必要な場合があります。詳細は「ファイルの閲覧方法」を確認してください。

このページに関するアンケート