草加市
TOPへ
こども医療費支給制度

子どもたちが健康で元気にすごせるように、また、保護者の方の経済的支援のために、子どもにかかる医療費の一部を市が支給する制度です。

■対象
1. 市内に住所を有する中学3年生(15歳到達後最初の3月31日)までの子ども

■条件
国民健康保険法または社会保険各法の健康保険に加入していること。
所得による制限はありません。

■資格登録に必要なもの、手続き場所
こども医療費支給制度を利用するには、初めに受給資格の登録をする必要があります。
○手続き場所
子育て支援課
○受付時間
月〜金曜日午前8時30分〜午後5時、水曜日午前8時30分〜午後9時、日曜日午前9時〜午後0時30分
○必要書類
(1)こどもの健康保険証
(2)保護者の普通預金通帳
資格登録後、「こども医療費受給者証」を発行。

■受給期間
通院・入院ともに、出生日、転入日から中学3年生(15歳到達後最初の3月31日)まで。
注:小中学生の通院は平成24年11月1日診療分から対象。
受給期間が終了する前に転出した場合は、転出日の前日。

■対象医療費
医療機関に支払う自己負担金のうち、保険の適用金額。
注:健康診断、予防接種、学校でのケガ、第3者行為(交通事故等)は原則として対象外となります。

市内医療機関にかかる場合は、こども医療費受給者証と健康保険証を必ず提示してください。
1か月の自己負担金が2万1000円未満であれば、医療機関窓口で支払う必要はありません。

■申請と振り込み
市外の医療機関にかかった場合や、1か月の自己負担金が2万1000円を超える場合(入院する場合など)は、医療機関窓口で一旦支払ってください。
後日、こども医療費支給申請書を記入し、領収書を添えて子育て支援課へ提出。
申請後、通院分は約3か月、入院分は約4か月〜5か月程度で登録口座に振込みます。
なお、高額療養費や附加給付金の対象になる分は、こども医療費からは支給されません。
高額療養費…保険適用分の自己負担が一定の額を超えると、その額を超えた分が「高額療養費」として保険者から支給されるものです。
附加給付金…保険組合等が、法定の保険給付以上に給付水準を上げて行う給付です。

【問い合わせ】
子育て支援課へ。
電話048-922-1476



前のページに戻る
TOPへ
< 草加市役所 >

電話:048-922-0151(代)
FAX:048-922-3091(代)
Eメール:kohoka@city.soka.saitama.jp
〒340-8550
埼玉県草加市高砂1丁目1番1号

All rights reserved. Copyright 2011 SOKA-CITY