コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
草加市役所

トップページ > 市政 > 広報・情報公開 > 広報そうか > 平成31年度 > 広報そうか令和2年3月20日号 > 8面 > 母校、清門小で講演 ボッチャ高橋和樹選手

母校、清門小で講演 ボッチャ高橋和樹選手

更新日:2020年3月23日

リオデジャネイロ・パラリンピック「ボッチャ」日本代表で、現在は東京2020パラリンピック競技大会への出場とメダル獲得を目指す高橋選手。

2月21日、高橋選手を招いた講演会が、清門小6年生167人に向けて行われました。
当日は、代表児童が1人1球ずつ球を投げて試合を体験。
児童は「高橋選手の正確なコントロールに努力の力を感じた。
自分も、諦めずに色々な事に挑戦していきたい」と話しました。
講演で高橋選手は、「今ある当たり前の物事はいつ失ってもおかしくない。
皆さんの小学校生活に悔いが残らないように、今を大切に毎日を過ごしてほしい」と児童へメッセージを送りました。

ボッチャ高橋和樹選手
ボッチャは、カーリングのように目標となる球に、いかに手玉を近づけられるかを競う頭脳派スポーツ

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。