コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
草加市役所

トップページ > 市政 > 広報・情報公開 > 広報そうか > 平成31年度 > 広報そうか令和2年3月20日号 > 8面 > 高砂小・花栗南小でコロンビア駐日大使館員と交流

高砂小・花栗南小でコロンビア駐日大使館員と交流

更新日:2020年3月23日

コロンビア駐日大使館員と交流

草加市は、コロンビア共和国のホストタウン。
東京2020パラリンピック競技大会では、同国パラリンピック水泳競技選手団が、市内で事前キャンプを行う予定です。

2月21日、同国大使館員のフェルナンダ・バネガスさんと小学生との交流会を高砂小と花栗南小で開催。
講演会では、同国の風土や環境、文化や風習等が紹介され、児童からは「コロンビアがどんな国か初めて知る事ができ、良かった」との声が聞かれました。

また、花栗南小では、コロンビア共和国の料理を再現した給食を食べる交流も実施。
一緒に給食を食べるうちに打ち解けてきた児童は、自分で何とか伝えようと英語で話しかける様子もうかがえました。

チキンピラフのような南米の伝統料理「アロスコンポーヨ」は、児童にも大人気
チキンピラフのような南米の伝統料理「アロスコンポーヨ」は、児童にも大人気

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。