コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
草加市役所

トップページ > 市政 > 広報・情報公開 > 広報そうか > 平成31年度 > 広報そうか平成31年4月20日号 > 8面 > 日本の響 草加の陣

日本の響 草加の陣

更新日:2019年4月22日

日本の響 草加の陣

日付
9月15日(日曜日)
時間
午後2時開演
会場
草加市文化会館
出演
伊藤多喜雄(民謡)、鶴賀若狭掾(新内節浄瑠璃/人間国宝)、OKI DUB AINU BAND(アイヌ音楽/ダブ・レゲエ)、浅野祥(津軽三味線)、和太鼓グループ彩 -sai-(和太鼓)、辻本好美(尺八)、森田彩(民謡)
チケット
4月30日(休)午前10時から草加市文化会館ほかプレイガイドへ。
S席5500円、A席4000円、B席3000円(全席指定、未就学児入場不可)
問い合わせ
草加市文化会館へ。
電話048-931-9325
ファクス048-936-4690

日本の響出演者

「3年B組金八先生」でおなじみ「TAKiOのソーラン節」の生みの親、伊藤多喜雄。
伝統的な新内節の技法を受け継ぐ鶴賀流十一代目家元の鶴賀若狭掾。
カラフト・アイヌの伝統弦楽器「トンコリ」を現代に復活させ世界中で活躍しているOKI DUB AINU BAND。
津軽三味線の全国大会等で、最年少優勝記録を数々と塗り替えた浅野祥。
その他国内外で活動する和太鼓グループ彩 - sai - や、尺八奏者の辻本好美、フィナーレでは草加市出身で日本民謡協会内閣総理大臣杯争奪戦優勝の森田彩が出演。
司会は俳優の紺野美沙子と「邦楽ジャーナル」編集長の田中隆文。

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。