コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
草加市役所

トップページ > 市政 > 広報・情報公開 > 広報そうか > 平成29年度 > 広報そうか平成30年3月5日号 > 8~10面 > モノづくり市長ふれあい訪問

モノづくり市長ふれあい訪問

更新日:2018年3月5日

市内の特色あるモノづくり現場を、田中市長が訪れ、話を伺いました。

沼田正明さん(吉町3-7-7)

小松菜や枝豆、トマトなど多品目の野菜を生産する沼田さんは、学校給食に新鮮な野菜を提供する食育応援農家でもあります。
こだわりは「地元の方に新鮮な野菜を美味しく食べてもらう」で、納得のいかない野菜は出荷しないこともあるそうです。
今年から新たに「イチゴ狩り」が出来るイチゴ農園を開設。
大きなハウスで4品種を栽培し、今は「紅ほっぺ」が食べごろを迎えています。
これからも地域を大切にしていきたいと語ってくれました。

広々としたイチゴ農園では、イチゴ狩りが楽しめます。
広々としたイチゴ農園では、イチゴ狩りが楽しめます。

株式会社ミツワ硝子工芸(小山2-24-22)

ガラス工芸品で国の伝統的工芸品に指定される「江戸切子」を製作する株式会社ミツワ硝子工芸で、グラスに切子(カット)文様を入れていく作業を見学しました。
職人が研磨機に向かい、切子を一筋ずつ手作業で丁寧に彫り進めていきます。
粗ずりから磨きあげまで、複数の職人によって幾度も手が加えられると、美しい文様が刻まれたグラスが完成します。
その技術力は素晴らしく、製品が豪華クルーズトレインの調度品に採用されるなど、高く評価されています。

切子の文様も様々で、常に新しい文様を探求しています。
切子の文様も様々で、常に新しい文様を探求しています。

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。