コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
草加市役所

トップページ > 市政 > 広報・情報公開 > 広報そうか > 平成29年度 > 広報そうか平成30年2月5日号 > 8面 > 市民公開講座 口腔外科最前線

市民公開講座 口腔外科最前線

更新日:2018年2月5日

~お口の中のケガ、もし口腔がんと思ったら~

口腔がんの5年生存率は60~80%と言われています。
初期に発見すれば簡単な治療で治すことができ、5年生存率は90%以上との報告もあります。
しかし進行した口腔がんでは、舌やあごの骨を切除したり、顔が変形したりすることがあり、食事や会話が困難になり日常生活に大きな支障を残すことになります。
だからこそ、初期症状での早期発見が重要になります。

口腔がん治療最前線で長年の実績を持つ天笠先生が、口内に傷が生じた際の注意事項や実際の処置、口腔がんの初期症状、最新の治療法・予防法をわかりやすく解説します。
家族や自分の健康を守るため学んでみませんか。

口腔外科最前線のポスター
 ▲目印はこのポスター

日付
3月4日(日曜日)
時間
午前9時30分~
会場
草加市文化会館
定員
100人
講師
天笠光雄(口腔外科医・東京医科歯科大学名誉教授)
主催
草加歯科医師会
申し込み
3月2日(金曜日)までに市民公開講座ポスターが掲示されている歯科医院または保健センターへ。
問い合わせ
保健センターへ。
電話048-922-0200
ファクス048-922-1516

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。