コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
草加市役所

トップページ > 市政 > 広報・情報公開 > 広報そうか > 平成29年度 > 広報そうか平成29年8月20日号 > 1面 > 「だまされない!」その自信が落とし穴

「だまされない!」その自信が落とし穴

更新日:2017年8月23日

「だまされない!」その自信が落とし穴

会社のお金を使い込んだ
今日中にお金を用意しないと
会社をクビになるかも…
●●銀行です
あなたの口座情報が漏れているので
キャッシュカードを預かります
医療費の還付金があります
今日中にATMへ
代わりの者(会社の上司など)が
取りに行きます

架空請求詐欺・オレオレ詐欺・還付金詐欺・融資保証詐欺

事実
被害者の8割が「自分は大丈夫」と思っていた!

突然かかってくる詐欺の電話。
被害者の多くは詐欺の手口を知っていたにもかかわらず、犯行電話で冷静さを失い、相手のペースに乗せられてしまいます。
その手口は息子や孫などを装うオレオレ詐欺をはじめ、警察官や市役所、金融機関、百貨店の社員などを装って言葉巧みに誘導するものなど様々で、あらゆる手段で現金や個人情報をだまし取ろうとします。

被害を防ぐためには、頻繁に家族と連絡を取り合うほか、電話を留守番電話設定にするなどの対策が効果的です。

緊急警報
特殊詐欺の被害が増えています!

市内では、振り込め詐欺を含む特殊詐欺が平成29年1月から7月末までに40件、総額約1億2600万円の被害が発生しており、すでに昨年の被害件数を上回っています。

えっ私?

市内の特殊詐欺の年代別被害状況
(平成29年1~7月草加警察署調べ)

被害者は9割が60歳以上・約9割が女性です。

被害防止のために留守番電話の活用を

(1)在宅中も常に留守番電話に設定

犯人は声が録音されるのを嫌って電話を切ります

(2)留守番メッセージが入ってもすぐに出ず、知っている番号にかけ直す

かけ直す時は、以前から知っている番号へ電話しましょう。
「番号が変わった」は嘘かもしれません

(3)おかしいと思ったら、迷わず家族や警察に相談を

おかしいと思ったら、迷わず家族や警察に相談を

問い合わせ

くらし安全課へ。
電話048-922-3607
ファクス048-922-1030

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。