コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
草加市役所

トップページ > 市政 > 広報・情報公開 > 広報そうか > 平成29年度 > 広報そうか平成29年7月20日号 > 4~6面 > モノづくり市長ふれあい訪問

モノづくり市長ふれあい訪問

更新日:2017年7月20日

市内の特色あるモノづくり現場を、田中市長が訪れ、話を伺いました。

渡邊明男さん(谷塚町1711-3)

ポット苗・鉢植え花を栽培する渡邊さんの大きなビニールハウスには、最盛期を迎えたニチニチソウが色鮮やかに花を咲かせていました。
隣のビニールハウスでは約2000鉢のシクラメンを栽培。
「苗が枯れないよう肥料や水やり、特に害虫の駆除には気を使います」と渡邊さん。
ピンク・赤・紫・白などの花をつけるシクラメンは秋口まで大切に育てられ、ビニールハウスで直接販売されます。

渡邊明男さん
 色鮮やかな花をつけたニチニチソウは
主に市場へ出荷されます

柴田科学株式会社(中根1-1-62)

大正10年創業の柴田科学株式会社は環境測定機器や汎用科学機器、理化学用ガラス器具などを製造しています。
昭和37年に世界初の粉じん濃度を瞬時に測定するデジタル粉じん計を開発、今年度は優れた環境技術開発等に贈られる国立環境研究所「環境賞」を2事業が同時受賞するなど、変わらぬ技術力の高さを誇ります。
柴田眞利社長は「メイドイン草加を世界に発信していきたい」と語ってくれました。

柴田科学株式会社
 精密な研究用機器などのオーダーメイドにも
しっかり応えていますと柴田社長

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。