コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
草加市役所

トップページ > 観光・文化 > 草加市を知ろう > 文化・伝統・産業 > 文化財 > 草加神社本殿

草加神社本殿

更新日:2013年7月5日

  • s025.JPGの画像

名称(よみ) 草加神社本殿(そうかじんじゃほんでん)
種別 市指定有形文化財建造物
員数 1棟
指定年月日 1983年2月22日
概要 草加神社は氷川社とよばれていて、天正(1573年から1592年)の頃、小さな祠を祀ったのが始まりです。その後、享保2年(1717年)4月16日、正一位氷川大明神の位が贈られています。明治42年(1909年)に付近の11社を合祀し、社号を草加神社と改めました。
この本殿のように多彩な彫刻を配するようになると、建物の正面性を強調し、軒唐破風(のきからはふ)や千鳥破風(ちどりはふ)を付し、正面を賑かにしています。
このような賑やかな彫刻充填式の建物としては、構造をより美しくする建築本来の意味を失っていない建物の一つです。
絵様彫刻は宝暦年間(1751年から1764年)、江戸の名匠立川小兵衛が立川流匠家絵様集を出し、以来県内の社寺建築に賞用されましたが、この本殿も立川流の絵様を採用しています。
多彩な彫刻も職人芸で、現代では不可能に近い至芸です。江戸時代の華ともいえる本殿で、貴重な建造物です。
所在地 草加市氷川町2118-4 草加神社
電話番号

このページに関する問い合わせ先

生涯学習課
住所:〒340-0015 草加市高砂2丁目1番7号 ぶぎん草加ビル4F
文化財保護係 電話番号:048-922-2830 ファクス番号:048-922-3498
生涯学習係 電話番号:048-922-2819 ファクス番号:048-922-3498

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。