トップページ > 組織一覧 > 都市整備部)建築指導課 > 指導係 > お知らせ > 既存住宅耐震診断の補助

既存住宅耐震診断の補助

最終更新日:2016年7月19日

市では、平成13年度から木造住宅を対象に、「草加市木造住宅耐震診断補助金交付要綱」に基づき、耐震診断費用の一部を補助しています。
また、平成21年度から「草加市既存住宅耐震診断補助金交付要綱」に改正し、木造在来工法2階建て以下の長屋、分譲マンションも対象にしました。

1. 補助対象建築物

  • 昭和56年5月31日以前に建築確認を受けて工事に着手した建築物
  • 木造住宅(木造在来工法2階建て以下の一戸建ての住宅、併用住宅または長屋)、またはマンション(マンションの建替え等の円滑化に関する法律第2条第1号に規定するマンション)
  • 都市計画法及び耐震基準以外の建築基準法に違反していない建築物

 

2. 補助対象者

  1. 木造住宅の場合
    補助対象建築物を草加市内に所有し、1年以上自ら居住している人(個人に限る)
     
  2. マンションの場合
    管理組合等または管理組合等において区分所有者を代表する者として選出された人

 

3. 補助対象となる耐震診断

  1. 木造住宅耐震診断
     
  2. マンション耐震診断(診断が適正に行われたことを確認するために、公的機関等の判定を受ける必要があります)
     
  3. マンション簡易診断 

耐震診断、簡易診断の方法は、要綱で定められています。また、耐震診断を行う「耐震診断士」には必要な資格があります。詳しくはリーフレットから閲覧できます。

 

4. 補助金の交付額

  1. 木造住宅耐震診断
    耐震診断に要した費用の2分の1以内の額または、住戸の個数に5万円を乗じた額のいずれか少ない額
     
  2. マンション耐震診断
    耐震診断に要した費用の2分の1以内の額または、住戸の個数に5万円を乗じた額のいずれか少ない額で100万円を超えない額
     
  3. マンション簡易診断
    耐震診断に要した費用の2分の1以内の額で10万円を超えない額

 

5. 手続きに関する注意事項

  • 申請から交付決定までには、約1~2週間の期間を要しますので、余裕をもって申請してください。交付決定の前に契約、耐震診断を行った場合は、補助金は支払われません。
  • 交付決定を受けていても途中で診断を止めた場合や、要綱に違反した場合等は、補助金は支払われません。
  • 実績報告は、その年度の3月1日までに行う必要があります。これを過ぎた場合は、補助金は支払われません。
  • 補助金の支払い(振り込み)は、診断終了後となります。

 

申請書等については、下記の添付ファイルからダウンロードできます。

関連ファイル

クリックするとダウンロードできます。

関連リンク

問い合わせ先

担当:建築指導課 指導係
住所:〒340-0014 草加市住吉1丁目5番2号
電話:048-922-1958
ファクス:048-922-3148

このページに対する皆さんの声を聞かせてください。

情報は役に立ちましたか?
情報は見やすいですか?
役に立った、見づらいなどの具体的な理由を記入してください。
寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。
なお、寄せられた意見等への個別の回答は、行いません。

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。

ページのトップへ戻る

All rights reserved. Copyright SOKA-CITY

草加市役所

住所:
〒340-8550埼玉県草加市高砂1丁目1番1号(市役所へのアクセス
電話:
048-922-0151(代)
ファクス:
048-922-3091(代)
開庁時間:
月曜日~金曜日(年末年始・祝日を除く)午前8時30分~午後5時
水曜日夜間(午後9時まで)
日曜総合窓口(午前9時~午後0時30分)
水曜日夜間・日曜総合窓口の取り扱い業務一覧
ページのトップへ戻る 一つ前にへ戻る

All rights reserved. Copyright 2011 SOKA-CITY