コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
草加市役所

トップページ > よくある質問 > 暮らし・手続き > ごみ > 缶はすべて資源物として出すことができますか

缶はすべて資源物として出すことができますか

更新日:2015年11月10日

質問

缶は、すべて「資源物のかん」として出せますか。

回答

資源物として出せる缶は、飲み物の缶(清涼飲料水やビールなど)です。
缶詰のかん、粉ミルクの缶などは「不燃ごみ」として出してください。

注:なお、不燃ごみとして出されました缶など金属製品につきましてもリサイクルセンターで破砕・分別され、アルミやスチールなど分別・資源化されています。またスプレー缶については、穴を開けずに最後まで使い切ってから「不燃ごみ」として出してください。

このページに関する問い合わせ先

廃棄物資源課
住所:〒340-0002 草加市青柳6丁目23番3号
資源循環推進係 電話番号:048-931-3972 ファクス番号:048-931-9993
業務係 電話番号:048-931-3972 ファクス番号:048-931-9993

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。