コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
草加市役所

トップページ > 安全・安心 > 新型コロナウイルスに関する情報 > 感染予防対策 > 不要・不急のごみや資源物の分散排出にご協力ください。

不要・不急のごみや資源物の分散排出にご協力ください。

更新日:2020年5月15日

新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う緊急事態宣言において、不要・不急の外出の自粛等が強く求められていることから、ご自宅で過ごす機会が多いと思います。
これに伴い、ご家庭から排出されるごみの量が急増しているため、収集の遅れや処理施設における1日あたりの作業能力も限界に近づき、収集作業や処理作業に支障が出ています。万が一、施設での処理能力を大幅に超えてしまった場合一時的に収集を停止することも考えられます。
このため、次のとおり、ご家庭からのごみ出しについて、ご協力をお願いします。

1.ご自宅の片づけや断捨離により出たごみを出す時は、一度に出さず、複数回に分けて出す

一度に多くのごみが出された場合、ごみの積込作業等に時間がかかるため、収集が遅れるとともに、施設での処理が追い付かず、処理作業が滞る場合があります。施設の処理能力を超えてしまうと一時的に受け入れを停止するなど、市民生活に大きな影響を与える場合があります。

このため、緊急ではない可燃ごみや不燃ごみは、複数回に分けて出していただき、円滑なごみ収集にご協力をお願いします。

2.分別や出し方のルールを守る

分別がしっかりされていない場合や決められたルールに基づかない方法でごみが出された場合等は、施設に搬入された際に処理の工程で爆発や火災の原因になります。施設で爆発や火災が発生した場合、消火や安全確認等に時間がかかり、処理作業が滞り、収集の遅れにも繋がります。

このため、分別をしっかりし、決められたルールに基づいてごみを出していただきますようお願いします。
なお、ごみの分別がわからない場合は、市ホームページ「草加市ごみ分別アプリ」や「草加市ごみ収集カレンダー」「スプレー缶、カセットボンベ、ライター、電池等(危険物)の捨て方」などでご確認をお願いします。
 このほか、草加市クリーンふるさと推進協議会が発行している「クリーンふるさと情報紙第20号(PDF:10MB)」及び「クリーンふるさと情報紙第21号(PDF:4.9MB)」においても分別や出し方について掲載していますので、ご覧ください。

3.粗大ごみの持込みを分散する

新型コロナウイルス感染症拡大防止に伴う緊急事態宣言が発令されて以降、粗大ごみの持込み件数が急激に増えています。粗大ごみ持込み件数の増加に伴い、処理量も増加し、処理施設における処理能力を超えることがあります。施設の処理能力を大幅に超えてしまうと一時的に受け入れを停止する必要が生じる場合があります。

このため、不要・不急の外出自粛が求められる中、ご家庭の片づけをされる方も多いと思いますが、粗大ごみの持込みにつきましても緊急ではない、不要・不急の排出はご遠慮いただき、時期を改めて排出していただきますようお願いいたします。

4.古着・古布等は、時期を改めて出す

洗濯済み衣類等でリサイクル可能なものは、可能な限り、時期を改めて分散排出し、資源のリサイクルにご協力いただきますようお願いします。

このページに関する問い合わせ先

廃棄物資源課
住所:〒340-0002 草加市青柳6丁目23番3号
資源循環推進係 電話番号:048-931-3972 ファクス番号:048-931-9993
業務係 電話番号:048-931-3972 ファクス番号:048-931-9993

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。