コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
草加市役所

トップページ > 安心・安全 > 放射線関連情報 > 保育園等砂場の土壌中の放射性物質の測定結果

保育園等砂場の土壌中の放射性物質の測定結果

更新日:2015年9月3日

東京電力福島第一原発の事故による放射能について、市では、土壌による内部被ばくの影響を把握するため、保育園等の砂場で土壌中の放射性物質の測定を実施しました。

測定方法

測定日

平成27年7月23日(木曜日)から8月4日(火曜日)

測定地点

市内公立保育園、認可保育園、児童センター、児童館等32施設

採取方法

各採取か所の中央と中央から4方向の中点、深さ5センチメートルの柱状で、それぞれ1か所ずつ、合計5地点採取し、それらを混合し1検体としました。

測定器

NaI(Tl)シンチレーション微量放射能測定装置(応用光研工業株式会社製;FNF-401)

測定結果

土壌中の放射性物質については、基準値等は特に定められていませんが、水田土壌中の放射性セシウムの基準値5000ベクレル/キログラムを参考とした場合、問題はないものと考えられます。

このページに関する問い合わせ先

子育て支援課
住所:〒340-0016 草加市中央1丁目1番8号
子ども政策係 電話番号:048-922-3492 ファクス番号:048-922-3274
手当・給付係 電話番号:048-922-1476 ファクス番号:048-922-3274
子ども援護係 電話番号:048-922-1483 ファクス番号:048-922-3274

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。