コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
草加市役所

トップページ > 健康・福祉・子育て・教育 > 高年者福祉・介護 > 要介護認定 > 新型コロナウイルス感染症に係る要介護認定の臨時的な取扱いについて

新型コロナウイルス感染症に係る要介護認定の臨時的な取扱いについて

更新日:2020年5月26日

新型コロナウイルス感染症に係る要介護認定の臨時的な取扱いについて

本市では、新型コロナウイルス感染症への拡大防止を図るため、要介護認定及び要支援認定の有効期間について、別添の厚生労働省通知に基づき、以下のとおり取り扱うこととしますので、ご確認ください。

意向確認の実施

要介護(要支援)認定の更新手続きを行う方につきましては、申請時に臨時的取り扱いを希望するか、従来通り認定調査の実施を希望するかの意向を書面にて確認させていただきます。
このことから、更新手続きの際には、「要介護(要支援)更新申請時の意向確認書」(以下、「意向確認書」という。)をあわせてご提出いただくこととなります。

注:臨時的取扱いについては更新申請を行う方のみ対象となります。新規申請、区分変更申請を行う方につきましては従来通り、認定審査の手続きを行います。

手続きについて

認定有効期間の満了を迎えられる方には、更新申請のご案内と共に意向確認書をお送りさせていただきます。要介護(要支援)認定の更新をされる方につきましては、案内に従い意向確認書をご記入いただき、申請書と共にご提出ください。

なお、意向確認書は下記関連リンク先のページよりダウンロードいただけます。

意向確認に基づく有効期間について

意向確認書に記載いただいた内容に基づき、次のとおり行います。

臨時的取り扱いを希望される場合

認定調査を行わず、現在と同じ介護度のまま、認定有効期間を12か月延長します。

認定調査を希望する場合

従来通り認定調査を実施し、認定審査の手続きを行います。介護度及び有効期間は認定審査を経て決定します。

適用範囲

要介護(要支援)認定を受けていて、令和2年7月末以降に期限を迎える被保険者に適用します。

介護保険被保険者証について

臨時的取り扱いをご希望の方は、おおむね申請された月の下旬頃に12か月有効期間を延長した被保険者証を発送する予定です。
認定調査を希望する方については、従来どおり認定調査を実施し、認定審査後に順次発送します。

 その他

 令和2年6月末に期限を迎える被保険者の皆様については、12か月有効期間を延長した被保険者証を発送済みです。

関連ファイル

AbobeReaderのダウンロードページへのリンク

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関する問い合わせ先

介護保険課
住所:〒340-0016 草加市中央1丁目1番8号
認定係 電話番号:048-922-1414 ファクス番号:048-922-3279

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。