コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
草加市役所

トップページ > 健康・福祉・子育て > 介護・障がい・福祉 > 臨時福祉給付金(経済対策分)のご案内

臨時福祉給付金(経済対策分)のご案内

更新日:2017年2月14日

目的

臨時福祉給付金(経済対策分)は、平成26年4月に実施した消費税率引上げによる影響を緩和するため、所得の少ない方に対し、制度的な対応を行うまでの間の、暫定的・臨時的な措置として実施するものです。

概要

対象者

平成28年1月1日時点で草加市の住民基本台帳に登録(平成28年1月2日以降の市外転出者を含む)されており、平成28年度市民税(均等割)が課税されていない方が対象です。ただし、次の方や支給決定前に亡くなられた方は、対象となりません。

  • 市町村民税(均等割)が課税されている方の扶養親族等(扶養親族等とは、税法上の配偶者控除・配偶者特別控除の対象となる配偶者、扶養親族及び青色事業専従者・白色事業専従者をいいます。)
  • 生活保護制度の被保護者等(基準日(平成28年1月1日)に保護が停止されていた方及び基準日の翌日から平成28年10月1日までに保護が廃止又は停止となった方は除きます。)

支給額

支給対象者一人につき15,000円(1回限り)

申請方法等

申請方法等

市役所から支給対象者となる可能性のある方に対して2月中旬から3月上旬にかけて申請書等を順次郵送します。同封の申請書の書き方を参考にしながら必要事項を記入し、必要書類を同封の上、返信用封筒にて郵送するか、特設窓口に提出してください。なお、申請があった方でも、課税条件等により支給対象とならない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

申請期限

平成29年6月30日(金曜日)当日消印有効

提出書類

1.必ず同封していただく書類

  • 臨時福祉給付金(経済対策分)申請書(請求書)
  • 本人確認書類(注:)のコピー1部

注:申請・受給者(金融機関口座の名義人)の方の本人確認書類が必要となります。(対象者であっても申請・ 受給者以外の方の本人確認書類は不要です。)
注:外国人の方は、対象者全員分の在留カード、特別永住者証明書等が必要となります。(有効期限が30日以上あるもの。)
注:代理申請・受給を希望される場合は、対象者全員分の本人確認書類に加え、代理人の方の本人確認書類(必要に応じて代理関係を確認できる書類)が必要となります。

2.申請書に印字された振込先金融機関口座以外の口座に振込を希望する場合、同封をお願いする書類

  • 振込先金融機関口座確認書類(注:)のコピー

注:受取口座の金融機関名、口座番号、口座名義人(カナ又はアルファベット)が分かる通帳かキャッシュカードのコピー

特設窓口

申請書を受け付ける特設窓口を開設します。なお、特設窓口で審査を行うことや給付金を支給することはできません。また、特設窓口では混雑のため長時間お待たせする場合もありますので、申請書に同封されている返信用封筒(切手不要)を使って郵送していただくと便利です。

設置場所:草加市役所本庁舎西棟1階

開設期間:平成29年2月21日(火曜日)から平成29年5月19日(金曜日)まで(土曜日、日曜日、祝日は除く)

開設時間:午前8時45分から午後4時30分まで

支給方法

草加市で申請書類を審査し、支給対象と認められた場合は、原則として、申請・受給者が指定する金融機関口座に世帯分の給付金をまとめて振り込みます。なお、給付金振込先となる金融機関口座は、申請・請求及び受給の手続きについて代理人を立てない限り、申請・受給者の方名義のものに限ります。また、申請書の受付から支給までに2か月程度の期間(申請書に不備がある場合は支給までにさらに時間がかかる場合があります。)を要しますので、あらかじめご了承ください。

草加市給付金コールセンターの案内

申請方法等に関するお問合わせにお答えする草加市給付金コールセンターを平成29年2月1日から平成29年6月30日まで設置します。 ただし、受給の可否や課税情報についてのお問合わせはお答えできませんのでご了承ください。

電話番号:0570-071-133(通話料発信者負担)

受付時間:午前8時30分から午後5時15分まで (土曜日、日曜日、祝日は除く)

参考

給付金に関する制度やよくある質問などを確認したい方は、厚生労働省のホームページ等を確認してください。

関連リンク

厚生労働省のホームページ(外部サイト)

厚生労働省専用ダイヤル

電話番号:0570-037-192

受付時間:午前9時から午後6時まで(土曜日、日曜日、祝日も開設)

ファクス番号:06-6645-6278

その他の注意事項

3月中旬になっても申請書が届かない場合

3月中旬になっても市役所から申請書が届かない場合、臨時福祉給付金(経済対策分)の支給対象外である可能性が考えられますが、何らかの事情により郵便物が届かない場合(注:)もありますので、ご自分が対象者であると思われる場合には、草加市給付金コールセンターへお問合わせください。

注:郵便物が届かない場合の例

  • 平成28年度の市民税の申告をしていない方等は給付金の対象となるか判断ができないため、申請書が送られない場合があります。
  • 郵便受けに名前がないと、郵便物が届かない場合があります。
  • 草加市から市外へ引っ越しをした後、さらに引っ越しをした場合、郵便物が届かない場合があります。

平成28年度の市民税の更正などがあった場合

所得更正や修正申告により平成28年度の市民税が非課税となった場合等は、給付金の支給対象となる可能性がありますので申請期限内にご相談ください。

市役所からの問合わせについて

申請内容に不明な点があった場合、市役所から問合わせを行うことがありますが、ATM(現金自動預払機)の操作をお願いすることや、支給のための手数料などの振込を求めることは、絶対にありません。もし、不審な電話がかかってきた場合は、迷わず110番、または草加警察署(電話048-943-0110)に連絡してください。

このページに関する問い合わせ先

臨時福祉給付金室
住所:〒340-8550 草加市高砂1丁目12番46号
電話番号:048-922-1032
ファクス番号:048-951-7316

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。