コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
草加市役所

トップページ > 健康・福祉・子育て・教育 > 出産・子育て > 子どもの予防接種 > 長期療養により定期予防接種を受けられなかった方へ

長期療養により定期予防接種を受けられなかった方へ

更新日:2014年10月28日

平成25年1月30日の政令等の改正により、長期にわたる療養を必要とする疾病にかかったことで、定期接種の対象者(インフルエンザを除く)が、接種対象年齢内に予防接種を受けることが出来なかった場合、定期予防接種が受けられるようになりました。

対象者

予防接種を受けようとするとき、草加市に住民票があり、長期療養を必要とする重篤な疾患にかかったことにより、やむを得ず定期予防接種を受けることが出来なかった方

対象となる疾病

  1. 対象となる疾病(クリックで表示されます。また、下記の関連ファイルからもダウンロードできます)やそれに準ずる物に罹患した場合
    1. 重症複合性免疫不全症、無ガンマグロブリン血症、その他免疫の機能に支障を生じさせる重篤な疾病
    2. 白血病、再生不良性貧血、重症筋無力症、若年性関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、潰瘍性大腸炎、ネフローゼ症候群、その他免疫の機能を抑制する治療を必要とする重篤な疾病
    3. 1または2の疾病に準ずると認められるもの
  2. 臓器の移植を受けた後、免疫の機能を抑制する治療を受けたこと
  3. 医学的知見に基づき1または2に準ずると認められるもの

注:いずれの場合も、やむを得ず定期予防接種を受けられなかった場合に限ります。

対象となる期間

対象となる疾病が快復してから2年間(高年者肺炎球菌は1年間)。ただし、BCGは満4歳の誕生日、四種混合は満15歳の誕生日、ヒブ・小児用肺炎球菌ワクチンは満10歳の誕生日を過ぎると対象ではなくなります。

手続き方法

該当者で定期予防接種を受けることを希望する方は、接種前に草加市保健センターへの申請が必要です。

  1. 主治医に「長期療養を必要とする疾病にかかった者等の定期接種に関する特例措置対象者の該当理由書」(様式1)を記入していただきます。
  2. 「長期療養者の予防接種申請書」(様式2)を記入します。
  3. 母子健康手帳を持参し、「理由書」「申請書」を草加市保健センターに提出します。
  4. 申請内容や接種履歴を確認し、予診票を発行します。(発行までに1週間ほどかかります)
  5. 草加市の指定医療機関で接種します。接種費用は無料です。

注:「理由書」「申請書」は下記の関連ファイルからダウンロードできます。また、草加市保健センターの窓口でもお渡しできます。

関連ファイル

AbobeReaderのダウンロードページへのリンク

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関する問い合わせ先

健康づくり課(地域保健係・母子保健係・成人保健係)
住所:〒340-0016 草加市中央1丁目5番22号
電話番号:048-922-0200
ファクス番号:048-922-1516
保健センター
住所:〒340-0016 草加市中央1丁目5番22号
電話番号:048-922-0200 ファクス番号:048-922-1516

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。