コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
草加市役所

トップページ > 健康・福祉・子育て・教育 > 障がい者福祉 > 障がい者施策に関する法令・計画等 > 「草加市手話言語条例」と「草加市障がいのある人のコミュニケーション条例」が施行されました

「草加市手話言語条例」と「草加市障がいのある人のコミュニケーション条例」が施行されました

更新日:2021年10月15日

2つの条例の施行

 草加市議会、令和3年9月定例会において、「草加市手話言語条例」と「草加市障がいのある人のコミュニケーション条例」が可決され、同年9月27日に公布・施行となりました。

2つの条例制定の背景について

 手話が言語として認められてこなかったことや、手話を使用できる環境が整えられてこなかったことなどから、ろう者*は情報や知識を十分に得ることができず、自分の気持ちや考えを伝えられない、それを理解してもらえない時代がありました。

 また、ろう者でなくても障がいのある人の中には、情報の取得や周囲とのコミュニケーションが困難であるなど、日常生活において不便や不安を感じている人も少なくありません。

 そこで市は、「草加市手話言語条例」と「草加市障がいのある人のコミュニケーション条例」を制定しました。全ての市民が互いの人格と個性を尊重し支え合える共生社会を目指します。

 *ろう者・・・聴覚に障がいがあり、手話を第一言語として使用する人

 

草加市手話言語条例

 手話が言語であることの理解及び普及に関する基本理念を定め、市の責務並びに市民及び事業者の役割を明らかにすることにより、手話に対する理解の促進及び手話を使用しやすい環境の整備を図り、全ての市民が互いの人格と個性を尊重し支え合う共生社会を実現することを目的とする条例です。

草加市障がいのある人のコミュニケーション条例

 障がいのある人が障がいの特性に応じた手段により情報を取得し、及び障がいの特性に応じたコミュニケーション手段を利用しやすい環境の整備に関し、基本理念を定めるとともに、市の責務並びに市民、事業者及びコミュニケーション支援者の役割を明らかにすることにより、障がいの有無によって分け隔てられることなく相互に理解し合い、全ての市民が互いの人格と個性を尊重し支え合う共生社会を実現することを目的とする条例です。

関連ファイル

AbobeReaderのダウンロードページへのリンク

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関する問い合わせ先

障がい福祉課
住所:〒340-0016 草加市中央1丁目1番8号
障がい福祉係 電話番号:048-922-1436 ファクス番号:048-922-1153
障がい支援係 電話番号:048-922-1442 ファクス番号:048-922-1153

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。