コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
草加市役所

トップページ > 観光・文化 > まちの話題 > 平成30年度 > 日本文化芸術関連施設「漸草庵(ぜんそうあん) 百代の過客(はくたいのかかく)」の仮予約受付開始

日本文化芸術関連施設「漸草庵(ぜんそうあん) 百代の過客(はくたいのかかく)」の仮予約受付開始

更新日:2019年2月12日

Gaikan.jpg

漸草庵とは

Naikan.jpg

茶道、華道、琴・三味線などの邦楽、落語、謡曲など草加の和の文化に親しむとともに、本市の和の文化芸術を市内外に発信する施設として、また、市内外から訪れた方のおもてなし施設として、現在草加市文化会館(松江1-1-5)の敷地内に整備を行っており、平成31年4月21日(日曜日)からオープンします。
当施設は、綾瀬川と国指定名勝「おくのほそ道の風景地 草加松原」が見渡せる造りになっています。建物の延床面積は187.6平方メートルで、8帖の松の間・6帖の菊の間・4帖半の桜の間、3帖台目中板の小間、さらに、市内外からの来街者をおもてなしするための19帖のお休み処などを配置した木造平屋建ての数寄屋建築になっています。
施設の名称については、奥の細道を世界に広めた日本文学者ドナルド・キーン先生により、おくのほそ道の「其日(そのひ)漸(ようよう)早加(草加)と云(いう)宿(しゅく)にたどり着にけり」から、「漸草庵(ぜんそうあん) 百代の過客 (はくたいのかかく)」と命名いただきました。

ご利用について

「漸草庵 百代の過客」のご利用については、平成31年2月21日(木曜日)より仮予約を受付けます。草加市文化会館受付にて申請してください。2月中は、半年先の平成31年8月末日までの利用予約ができます。
また、施設の空き状況については、平成31年2月下旬頃まんまるよやくシステムで閲覧可能になる予定です。平成31年4月1日以降、使用許可申請書による本予約手続きを開始します。
なお、仮予約及び使用許可の申請をできるのは、草加市内に居住する人のみとなります。

漸草庵の利用時間及び料金表

  9時から12時 13時から17時 17時30分
 から21時30分
全日
松の間(8帖) 3,250円 4,550円 5,460円 1万3,260円
菊の間(6帖) 2,550円 3,570円 4,280円 1万400円
桜の間(4.5帖) 1,970円 2,750円 3,300円 8,020円
小間(3帖台目中板) 2,210円 3,090円 3,700円 9,000円
全館(お休み処含む) 9,980円 1万3,960円 1万6,740円 4万680円

注:お休み処の利用時間は10時から午後4時を予定しています。
なお、毎月第1水曜日と12月29日から1月3日の年末年始は休館になります。
館内の平面図は下記関連ファイルでご確認ください。

関連ファイル

AbobeReaderのダウンロードページへのリンク

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関する問い合わせ先

文化観光課
住所:〒340-8550 草加市高砂1丁目1番1号
文化交流係 電話番号:048-922-2968 ファクス番号:048-922-3406
観光係 電話番号:048-922-2403 ファクス番号:048-922-3406

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。