コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
草加市役所

トップページ > 観光・文化 > まちの話題 > 平成30年度 > 草加市制60周年記念「第36回草加朝顔市」が開催されました!

草加市制60周年記念「第36回草加朝顔市」が開催されました!

更新日:2018年7月4日

今年も草加の夏の風物詩「草加朝顔市」が国指定名勝「おくのほそ道の風景地 草加松原」で開催されました。(主催:草加市観光協会)

  • 草加さわやかさん草加さわやかさん

  • 色とりどりの朝顔色とりどりの朝顔

  • 朝顔市の様子1朝顔販売

  • 朝顔市の様子2枝豆販売

  • つばさの森販売つばさの森販売

  • 昭和村特産品販売昭和村特産品販売

  • 手焼きせんべい手焼きせんべい

  • ゆかた染め製品展示販売ゆかた染め製品展示販売

  • 皮革製品販売皮革製品販売

  • お休み処シルバー人材センターによるお休み処

  • yumematuri1.jpg草加松原夢祭り

  • ライトアップされた草加松原ライトアップされた草加松原

平成30年7月1日(日曜日)に開催された草加市制60周年記念「第36回草加朝顔市」は、朝から好天に恵まれ、約5,000名が来場しました。
会場に並んだ800鉢の朝顔は完売し、今年の朝顔市は盛況のうちに終了しました。
朝顔は、手入れ次第で、9月頃まで楽しむことができます。

この日の売り子役は、草加市観光協会の会員さんや第15代草加さわやかさん。訪れた人たちは、朝顔の選び方や育て方について説明を受け、ご自身の好みに合った朝顔を選んでいました。

会場では、草加の三大地場産業である「草加せんべい」「皮革製品」「ゆかた染め製品」を始め、市内の新鮮野菜の販売や昭和村による高原野菜と伝統であるからむし製品の販売、つばさの森による小松菜製品の販売も行われたほか、シルバー人材センターによるおもてなしもあり、訪れた方々を楽しませていました。
 
また、同日に、草加市制60周年記念「第4回草加松原夢祭りも開催されました(主催:草加松原夢祭り実行委員会)。
会場となった国指定名勝「おくのほそ道の風景地 草加松原」には、1万人が来場し、設置された飲食ブースやライトアップされた幻想的な松並木などを楽しんでいました。 

【草加市観光協会Facebookページのご案内】

下記「草加市観光協会のFacebookページ」を開設し、当協会の活動内容や各種行事等のご案内をしていますので、ぜひご覧ください。

草加市観光協会Facebokページ」(外部サイトにリンクします)

 

このページに関する問い合わせ先

文化観光課
住所:〒340-8550 草加市高砂1丁目1番1号
文化交流係 電話番号:048-922-2968 ファクス番号:048-922-3406
観光係 電話番号:048-922-2403 ファクス番号:048-922-3406

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。