コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
草加市役所

トップページ > 産業・仕事 > 産業・農業支援 > そうかリノベーションまちづくり > まちの学校Vol.16はオンライン開催へ変更します

まちの学校Vol.16はオンライン開催へ変更します

更新日:2021年1月25日

オンライン開催に変更します

1月28日(木曜日)18時から開催予定の、まちの学校vol.16「ローカルタウンではじまる、おたがいさまな暮らし~物件と人、まちをつなぐ不動産屋のはなし~」は、市内での感染拡大の状況に伴い、参加者の皆様の安全面を考慮し、瀬崎コミュニティセンターでの会場開催は実施せず、オンライン開催へと開催方法を変更することといたしました。
既にお申込みいただいた方にはご迷惑をおかけしますが、別途、ご連絡させていただくとともに、予定どおり、前日までに配信URLをメールにて送付しますので、オンラインでのご視聴をお願いいたします。

概要

草加市では、市街地のにぎわい創出のため、リノベーションまちづくりの取組を2015年度から草加駅東口周辺エリアにて進めてきました。事業の啓発と担い手の発掘・育成に取り組んだ結果、同エリアでの事業化が進んできたことから、令和3年4月文教大学東京あだちキャンパスの開設を契機として、にぎわいの創出を図るため、谷塚駅周辺エリアについても取組を展開していくこととなりました。

この取り組みの一環として、まちの学校vol.16「ローカルタウンではじまる、おたがいさまな暮らし~物件と人、まちをつなぐ不動産屋のはなし~」を開催します。
空き家などの遊休不動産を利活用することで、コミュニティの活性化や都市型産業の集積といったまちの地域経営課題を解決し、地域に新たな価値を生み出していく「リノベーションまちづくり」。

今回のまちの学校では、地元松戸市で自給自足できるまちをつくるをコンセプトに掲げている不動産屋さんでもある殿塚健吾さんをお招きし、空き家を活かしたまちづくりや顔の見える人のとの暮らしづくりなどについて講演いただくとともにリノベーションまちづくりについて学びます。「そうか」にある空き家の活かし方、「そうか」らしい暮らしの作り方についてみんなで考えてみましょう。

まちづくり実践者による講演となっておりますので、まちづくり(空間活用、リノベーション、マルシェ、メディア等)に興味がある人、自分のスキル(建築、不動産、デザイン、経営等)を活かし実践者となりまちに貢献したい人など、どなたでも参加できます。

 

まちの学校vol.16表まちの学校vol.16裏

申込方法等

日時

  • 令和3年1月28日(木曜日)
  • 午後6時~7時30分

会場

  注:オンライン開催に変更となりました。

費用

無料

申し込み

1月27日(水曜日)までに「氏名、住所、電話番号、メールアドレス」を申請フォーム、電話、メール、ファクスで産業振興課へお願いします。メールでの申込みの際は、件名に「まちの学校vol.16申込」と記入をお願いします。

申込先

産業振興課 リノベーションまちづくり推進係

このページに関する問い合わせ先

産業振興課
住所:〒340-8550 草加市高砂1丁目1番1号
商工係 電話番号:048-922-3477 ファクス番号:048-922-3406
リノベーションまちづくり推進係 電話番号:048-922-0839 ファクス番号:048-922-3406
農業係 電話番号:048-922-0842 ファクス番号:048-922-3406

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。