コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
草加市役所

トップページ > 産業・仕事 > 産業・農業支援 > そうかリノベーションまちづくり > まちの学校vol.12「まちの価値を変える大家業と不動産業という仕事」

まちの学校vol.12「まちの価値を変える大家業と不動産業という仕事」

更新日:2019年6月28日

概要

本市では、地域のにぎわいを取り戻すため、空き家や空き店舗といった遊休不動産を利活用し、新たなビジネスを興すことを通じ、雇用の創出やコミュニティの活性化といった地域の課題を解決していく、民間主導・公民連携による『そうかリノベーションまちづくり』という取り組みを草加駅東口周辺(旧道沿道)エリアにおいて進めています。

この取り組みの一環として、まちの学校vol.12「まちの価値を変える大家業と不動産業という仕事」を開催します。

今回のまちの学校は、「大家の学校」とのタイアップ!!

「大家の学校(下記 注参照)」発起人である青木純(あおきじゅん)さん、不動産事業を通じてまちづくりを実践している木本孝広(きもとたかひろ)さん、池田峰(いけだみね)さんをお招きして開催します。

テーマ:大家と不動産業

エリアの価値を高めるためには、遊休不動産の利活用が重要であり、自身の不動産だけでなく周辺エリアを意識した不動産活用を考えていく必要があります。今回のまちの学校では、大家業と不動産業に着目し、不動産を生かした未来のまちづくりについて学びます。

物件を通じたまちづくり実践者による講演となっておりますので、大家の人、不動産会社の人はもちろん、創業希望者、建築士、経営者、その他まちづくりに関心がある人など、どなたでもご参加いただけます!

注:「大家の学校」とは・・・
「大家の学校」と聞くと、大家のためだけの講座なのかな?と思いがちですが、大家だけでなく、場づくりに係る全ての人を対象とした学び舎です。
「大家の学校」では、賃貸住宅という共同体で「暮らしのマネジメント」をする大家に求められる思考力やプロセスのデザイン力にこそ、暮らしの場に係る全ての運営者へのヒントがあると考えています。講師は、暮らしの場を育ててきた実践者たち。彼らの生の声に耳を傾け、同じ目的意識を抱いた仲間たちと共に学び、それぞれの課題を乗り越え、自分も未来も楽しくしていきます。



まちの学校vol.12チラシ表
まちの学校vol.12チラシ裏

申込方法等

日時

令和元年7月23日(火)18時~20時30分まで
注:講演会終了後希望者のみ懇親会あり

場所

マルイ草加店5階連絡通路
注:懇親会は別会場

費用

無料
注:懇親会参加の場合は別途3,000円程度

定員

60人(定員になり次第締切)

申し込み

7月12日(金曜日)までに「氏名、住所、電話番号、メールアドレス、懇親会参加の有無」を申請フォーム(QRコードからアクセス)、電話、メール、ファクスで産業振興課へお願いします。メールでの申込みの際は、件名に「まちの学校vol.12申込」と記入をお願いします。

注:定員60人になり次第期日を待たず受付終了となりますので、参加を検討中の人は、お早めにお申し込みください。

申込先

産業振興課 リノベーションまちづくり推進係

関連ファイル

AbobeReaderのダウンロードページへのリンク

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関する問い合わせ先

産業振興課
住所:〒340-8550 草加市高砂1丁目1番1号
商工係 電話番号:048-922-3477 ファクス番号:048-922-3406
リノベーションまちづくり推進係 電話番号:048-922-0839 ファクス番号:048-922-3406
農業係 電話番号:048-922-0842 ファクス番号:048-922-3406

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。