コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
草加市役所

トップページ > 市政 > コミュニティ・市民活動 > 平和活動 > 草加市の平和の象徴「被爆アオギリ二世樹」の生育状況をお知らせします

草加市の平和の象徴「被爆アオギリ二世樹」の生育状況をお知らせします

更新日:2020年5月20日

平成29年11月22日(水曜日)、草加市平和都市宣言30周年を記念して、そうか公園 自由広場に「被爆アオギリ二世樹」の記念植樹を行いました。

「被爆アオギリ二世樹」は、昭和20年(1945年)8月6日に広島に原子爆弾が投下された際、被爆で大きく損傷を受けながらも戦後も青葉を茂らせた被爆アオギリから採取した苗を発芽させて育てた二世の苗です。この苗は、草加市も会員となっている平和首長会議事務局から贈られたものです。

植樹後から、令和2年5月現在までの、「被爆アオギリ二世樹」の生育状況をお知らせします。

平成29年11月22日(水曜日)

  • 植樹式 植樹式の様子

  • アオギリ植樹式 苗植樹した苗

幹はまだ短く、10センチメートル程度です。

 平成30年5月22日(火曜日)植樹後6カ月

0522 苗1
 
厳しい冬を越え、幹は20センチメートルに成長しました。青々としたきれいな葉が3枚つきました。

平成30年8月30日(木曜日)植樹後9カ月

0830苗

幹は30センチメートルに成長し、葉も10枚程度茂りました。

平成30年12月14日(金曜日)植栽後1年1カ月

アオギリ(平成30年12月14日)

葉っぱは全て枯れ落ちてしまいました。これから春に向けて成長のための養分を蓄えていきます。

令和元年5月8日(水曜日)植栽後1年6ケ月

アオギリ(令和元年5月8日)

寒い冬を乗り越え、幹は35センチメートル程度まで成長しました。
新しい葉っぱが5枚程度茂りました。

令和元年8月8日(木曜日)植栽後1年9カ月

アオギリ(令和元年8月8日)

幹は40センチメートルまで成長し、葉っぱは6枚茂っています。
暑い日が続き、強い日差しの中で少しずつ成長しています。

令和元年12月6日(金曜日)植栽後2年1カ月

アオギリ(R元.12月)

夏に茂っていた鮮やかな緑の葉は落ち、幹だけとなりました。
幹は少しだけ伸びて42センチメートルとなりました。

令和2年5月15日(金曜日)植栽後2年6カ月

アオギリ(令和2年5月15日)

冬を乗り越え、幹は48センチメートル程度まで成長しました。
春の日差しを浴び、すくすくと成長しています。

アオギリは、将来15メートル程まで成長し、大きく枝を茂らせる樹木です。 
草加市の平和の象徴として、今後も大切に成長を見守っていきます。

このページに関する問い合わせ先

人権共生課
住所:〒340-8550 草加市高砂1丁目1番1号
電話番号:048-922-0825
ファクス番号:048-927-4955

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。