コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
草加市役所

トップページ > 暮らし・手続き > 税金 > 固定資産税・都市計画税 > 東日本大震災及び原子力災害に係る被災した土地・家屋の固定資産税・都市計画税の特例

東日本大震災及び原子力災害に係る被災した土地・家屋の固定資産税・都市計画税の特例

更新日:2018年6月25日

東日本大震災による被災地として認定された区域、原子力災害により警戒区域に指定された区域に住宅用の土地・家屋を所有している人などが、その代替として草加市内に土地・家屋を取得した場合、市に申請することで固定資産税・都市計画税の軽減措置を受けることができます。

対象者は、被災地として認定された区域、警戒区域に指定された区域に土地・家屋を所有している人、所有者の相続人、所有者と同居する親族となります。

詳しくは資産税課まで問い合わせてください。

このページに関する問い合わせ先

資産税課
住所:〒340-0016 草加市中央1丁目1番8号
償却資産係 電話番号:048-922-1068 ファクス番号:048-920-1502
土地係 電話番号:048-922-1081 ファクス番号:048-920-1502
家屋係 電話番号:048-922-1092 ファクス番号:048-920-1502

このページに関する問い合わせ先

担当:資産税課 土地係
郵便番号:340-8550
住所:草加市高砂1丁目1番1号
ファクス番号:048-922-1081
電話番号:048-922-3041

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。