コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
草加市役所

トップページ > 安心・安全 > 防災・救急 > 防災 > 9月1日は「防災の日」~災害対策を見つめ直しましょう

9月1日は「防災の日」~災害対策を見つめ直しましょう

更新日:2019年8月30日

9月1日は「防災の日」です。

「防災の日」は、台風、津波や地震等の災害についての認識を深め、それらの災害に対処する心構えを準備するためとして、1960年に制定されました。また、1982年からは、9月1日の「防災の日」を含む1週間(8月30日から9月5日まで)が「防災週間」と定められています。

9月1日は、10万人以上の死者・行方不明者を出した『関東大震災』の発生した日付に由来されています。

また、8月から9月は台風の接近・上陸が多く、制定前年である1959年9月には、5,000人を超える死者・行方不明者を出した『伊勢湾台風』が襲来しています。

家具転倒防止対策を見直しましょう

大型の家具などが倒れると命に関わる重大な被害になることもあります。
金具やベルトなどで固定し転倒防止対策を行いましょう。

電動ドライバーと間柱センサーを貸し出し

家具転倒防止器具(L字金具)等の取り付けに便利な、電動ドライバー・間柱センサー(壁の下地材を感知し、金具等の取り付けに適した位置を確認できる器具)を貸し出します。

kougukashidashi.jpg

家具転倒防止器具(L字金具)等の取り付けを支援

家具転倒防止器具(L字金具)は建物と家具を固定するもので、1世帯あたり家具3個、取付費用は上限9000円まで市が助成します。
対象は、15歳未満の人・65歳以上の人・障がい者手帳を所有する人のみで構成する世帯で、市税等を滞納していないことが条件となります。
なお、アパート等の賃貸住宅に住んでいる人は、壁に穴を空ける必要があるため、住宅所有者の同意書が必要です。
kougutoritsuke.jpg

ローリングストック法で備蓄品の備えましょう

最低3日分、買い置きなど日頃の備えで1週間分の水と食料を備蓄しましょう。
多めに買い置きをし、消費した分を補充するローリングストック法がお勧めです。
ローリングストック.jpg

ハザードマップ等の確認をしましょう

ハザードマップを確認して今一度、防災について考えてみましょう。

避難場所や避難経路

災害の種類ごとに、避難場所や避難経路について家族と話し合っておきましょう。

災害に燗する情報の入手方法

災害発生時には、様々な方法で情報が発信されます。自ら情報を入手できるよう確認しておきましょう。

家族との連絡方法

災害用伝言ダイヤル171や災害伝言板Web171等の使い方を確認しておきましょう。

備蓄品リスト

非常持ち出し品や、備蓄品を準備しておきましょう。


ハザードマップは下記関連リンクから確認できます。

このページに関する問い合わせ先

市長室 危機管理課
住所:〒340-8550 草加市高砂1丁目1番1号
電話番号:048-922-0614
ファクス番号:048-922-6591

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。