コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
草加市役所

トップページ > よくある質問 > 安心・安全 > 消防・防災 > 避難所運営市民防災訓練~11月18日(日曜日)午前9時から最寄りの避難所へ~

避難所運営市民防災訓練~11月18日(日曜日)午前9時から最寄りの避難所へ~

更新日:2018年11月15日

30年度避難所運営市民防災訓練ポスター30年避難所運営訓練ポスター2

草加市町会連合会では市の協力のもと、市内33か所の指定避難所を一斉に開設する訓練を実施します。
避難所の開設・運営のノウハウを体験し、学ぶことのできる貴重な機会です。
いざという時に備え、訓練に参加し、いつでも自分たちで避難所を開設できるようにしておきましょう。

実施日時

11月18日(日曜日)午前9時から(雨天決行) 

  • 午前9時に流れる防災行政無線の訓練放送を合図に、最寄りの避難所に避難し、訓練に参加しましょう。
  • 避難所運営委員会の委員は、訓練放送前(各避難所で定めた参集時刻)に集合します。

訓練放送の内容

こちらは、防災草加です。ただ今から、避難所運営市民防災訓練の訓練放送を行います。

「ただ今、大きな地震がありました。ご近所で声を掛け合い、避難所となる小・中学校、柿木公民館に避難しましょう。」
(2回繰り返す)

訓練放送を終了します。こちらは防災草加でした。

訓練内容

各避難所の周辺町会・自治会を中心に組織された避難所運営委員会で協議の上、決定された訓練内容を実施します。

標準例

  1. 避難訓練
  2. 施設の開錠訓練
  3. 施設(体育館)の安全確認訓練
  4. 受水槽(応急給水栓)からの給水訓練
  5. 屋外での炊き出し訓練
  6. 仮設トイレ(マンホールトイレ)の組立訓練
  7. 担架等の組立訓練(救護訓練)
  8. 体育館での避難所開設(設営)訓練
  9. (MCA無線による)情報伝達訓練

新たな取り組みにもチャレンジします

今回の訓練では、昨年の訓練を踏まえ、一部の避難所で、市と災害時応援協定を締結している企業・団体の協力を得ながら、災害医療訓練など、より実災害に即した新たな取り組みにも挑みます。

  • 災害医療訓練:高砂小
    SYMAT(草加八潮医療チーム)による医療救護所の設置・運営
    協力:医師会・歯科医師会・薬剤師会
  • ペット同行避難訓練:新田中長栄小
    ペット登録台帳への登録、ペットスペース設営
    協力:市内獣医師
  • 花栗中への避難誘導訓練:花栗南小
    近接する避難所への避難誘導
  • 倒壊建物救助訓練:小山小
    消火栓(スタンドパイプ)による消火、倒壊建物の救助訓練
  • 応急給水車体験訓練:草加中氷川小
    応急給水車からの給水体験

訓練当日は171番災害用伝言ダイヤルが体験できます

災害用伝言ダイヤル(171)とは地震などの災害の発生により、被災地への通信が増加し、つながりにくい状況になった場合に提供が開始される声の伝言板です。
訓練当日は、草加市内で、この災害用伝言ダイヤルを体験することができます。

171番災害用伝言ダイヤル

訓練に至るまでの経緯

30年避難所運営訓練の様子
東日本大震災や熊本地震などでは人命救助や応援の受け入れなどが優先され、さらに行政も被災したため、避難所の開設や運営に避難者が困惑する事態が多く見られました。草加市町会連合会では、これまでの大きな災害における課題を踏まえ、避難所周辺の町会・自治会が中心となり、避難所となる市内全小・中学校、柿木公民館でそれぞれ「避難所運営委員会」を組織し、平成29年11月19日には草加市町会連合会主催による市内一斉の避難所運営訓練を実施しました。
また、平成30年2月には、草加市町会連合会会長と指定避難所33か所の避難所運営委員会の委員長による「草加市町会連合会避難所運営協議会」を発足し、平成30年11月18日(日曜日)に第2回目の訓練を実施することを決定しました。

このページに関する問い合わせ先

市長室 危機管理課
住所:〒340-8550 草加市高砂1丁目1番1号
電話番号:048-922-0614
ファクス番号:048-922-6591

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。