コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
草加市役所

トップページ > 安全・安心 > 災害に備える > ハザードマップ > 草加市ハザードマップが新しくなりました~3月9日(火曜日)から全戸配布開始~

草加市ハザードマップが新しくなりました~3月9日(火曜日)から全戸配布開始~

更新日:2021年2月19日

  • 新しいハザードマップの画像

現行のハザードマップを4年ぶりに全面改訂し、近年日本各地で発生する災害の教訓を踏まえたで、国・県が更新した最新の情報に内容を一新しました。

注:市内への全戸配布は3月9日(火曜日)からになります。内容を確認したい方は、このページ一番下の「関連リンク」の「草加市ハザードマップのページ」をクリックしてください。

3月9日(火曜日)から全戸配布開始

 ハザードマップビニール

  • 3月9日(火曜日)から3月12日(金曜日)の間に草加市内の各家庭に1冊ずつ配布します。(1世帯1冊)
  • 冊子はビニール袋に梱包してポストに投函いたします。
  • 3月15日以降に転入された世帯の方には、市民課およびサービスセンターにて配布する転入者セットにこの新しいハザードマップを同封してお渡しいたします。

3月15日(月曜日)を過ぎても届かない場合は

 新しいハザードマップはシルバー人材センターが配布します。
 3月15日(月曜日)を過ぎても届かない場合は、お届けいたしますので、直接シルバー人材センターにご連絡ください。

  • シルバー人材センター
  • 電話番号:048-928-9211
  • ファクス番号:048-928-9209
  • 平日 午前8時30分~午後5時

ここに注目!~改訂のポイント~

今回の改訂で変更になった主な内容は次のとおりです。

改訂内容旧ハザードマップ新ハザードマップ
想定される降雨について 計画規模降雨(約100年に1度を想定) 想定最大規模降雨(約1000年に1度を想定)
浸水継続時間の掲載について注: なし あり
推奨する備蓄品の量 3日間 3日分を目標に、できれば7日分を備蓄
備蓄方法  備蓄すべき必需品を紹介 各家庭に合わせた備蓄方法や
女性の視点も加えた備蓄品について紹介
 避難するときの注意点 避難所への避難について記載  自宅での垂直避難や避難所以外への避難についても記載
注:浸水継続時間とは、50cm以上の浸水が継続する時間のことです。 

よくある質問Q&A

新ハザードマップの内容はホームページに掲載されていますか?

新ハザードマップの内容はホームページに掲載されています。
このページ一番下の「関連リンク」の「草加市ハザードマップのページ」をクリックしてください。

ハザードマップを2冊もらうことはできますか?

在庫に限りがありますことから、既に配布を受けた世帯の方への配布など、2冊以上の受け取りはご遠慮させていただいております。
ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

このページに関する問い合わせ先

危機管理課
住所:〒340-8550 草加市高砂1丁目1番1号
電話番号:048-922-0614
ファクス番号:048-922-6591

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。