コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
草加市役所

トップページ > 安全・安心 > 国の配布する布マスクのお知らせ【6月15日に概ね配布完了】

国の配布する布マスクのお知らせ【6月15日に概ね配布完了】

更新日:2020年6月17日

布マスク案内

布マスクの全戸配布の概要

国が布マスクを一括購入し、日本郵便の全住所配布のシステムを活用して、布マスクを一住所当たり2枚ずつ配布するものです。

配布内容

  • 布製マスク(ガーゼマスク) 2 枚(個包装)
  • お知らせ文 1 枚(A4 サイズを半分に折ったA5 サイズ)
  • 注:上記セットを透明の袋で包まれ配布されます

市内居住職員に届いた国の布マスク.jpg
写真:6月2日に、市内居住職員の自宅に届いた布マスク一式(特に、住所や氏名などの宛名はありませんでした)

配布時期

注文した覚えのないマスクの宅配に注意してください

市内で、注文した覚えのないマスクが送られてきたという相談が寄せられています。

商品を受け取る前に

  1. ご自身が注文をした商品であるか、品名、送り主を確認する。
  2. 家族が注文した商品であるか確認する。
  3. ご自身や家族が注文した商品でなく不審と思ったら、受け取りを拒否する。

などの対応をしてください。


布マスクの全戸配布に関するQ&A

配布に関する問い合わせ先

布製マスクの全戸配布に関する電話相談窓口
  • 電話番号:0120−551−299(午前9時~午後6時。土曜日・日曜日・祝日も対応可)

よくある質問

未配達分への対応

  • 未配達分の配布は、下記関連リンク先「厚生労働省 布製マスク配布申込みサイト」から申し込みできます。

マスクが不足する場合(2世帯同居など)への追加配布の対応

  • マスクが不足する世帯(2世帯同居など)のため、布マスクが不足する世帯は、下記関連リンク先「厚生労働省 布製マスク配布申込みサイト」から申し込みできます。

配布された布マスクを不要とする場合の対応

  • 家庭で既に必要となるマスクを十分持っているなどの理由で配布された布マスクが不要となる場合、国では、マスクの需給が逼迫していることを踏まえ、身近で必要とされている方に譲るなどの対応を選択肢の一つとして例示しています。
  • 公益社団法人草加青年会議所では社会貢献活動の一環として、6月中、市役所庁舎などに寄附箱を設置し、未開封の使い捨て不織布マスクや布マスクの寄附を受け付けています。詳しくは、市役所庁舎等でマスクの寄附を受け付けますをご確認ください。

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。